ファーウェイ、ワイモバイルショップでの修理取次ぎの受付を2018年6月30日で終了

ファーウェイ・ジャパンは、これまで全国のワイモバイルショップで受付していたHUAWEI製SIMロックフリー端末の修理取次を2018年6月30日で終了すると発表しました。

この終了に伴い、ワイモバイルショップでHUAWEI製SIMロックフリー端末の修理取次ぎをした方向けのスマートフォンの代替機貸し出しサービスも終了します。

2016年10月から開始

これまでは、全国のワイモバイルショップでHUAWEI製SIMロックフリー端末の取次をしてもらえていました。これは2016年10月から始まったもので、さすがにその場で修理はできませんが、代替機の貸し出しサービスもあり、キャリアショップを持たないSIMフリー端末では安心を与える施策の1つだったと思います。

今後は宅配か持ち込みで

2018年7月1日以降のHUAWEI製SIMロックフリー端末の修理については、ファーウェイ・ジャパンの宅配修理サービスや、ファーウェイ・カスタマーサービスセンターでの持込修理サービスを利用することになります。

宅配修理サービスについては以下で案内されています。

持込修理サービスはファーウェイ・カスタマーサービスセンターで実施されており、現在は東京(銀座)と大阪(梅田)の2店舗があります。こちらでは、内容にもよりますが修理開始から30分~1時間程度でその場で修理してもらうことが可能です。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE