ドコモ、Xperia XZs SO-03J/Xperia XZ SO-01J/Xperia X Performance SO-04HにAndroid 8.0 OreoへのOSアップデートを配信開始

|

NTTドコモは3月7日、同社から販売されているXperia XZs SO-03J/Xperia XZ SO-01J/Xperia X Performance SO-04Hの3機種においてAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含む製品アップデートを配信開始しました。
設定端末情報Androidバージョンアップからアップデートできます。

Android 8.0 OreoへのOSアップデート

アップデート方法 更新時間
端末本体(FOMA/Xi/Wi-Fi) 約44-46分
パソコン 約38-44分

今回のアップデートにより、Android OSのバージョンが8.0になります。そのほか、カーナビに電話帳の画像が表示されない場合があるのが修正され、セキュリティパッチレベルは2018年2月になります。

主なアップデート内容

ピクチャー イン ピクチャー機能

ブラウザやメールアプリを全画面で開いたまま、画面の隅で動画アプリを再生したりといった「ながら」操作が可能になります。(対応したアプリに限ります)

スマートテキスト選択

文章中の電話番号や住所をダブルタップすると自動的に選択され、それに合わせたメニューが表示されます。電話番号なら電話をかけることができ、地図ならマップアプリで表示できます。

UIの改善

クイック設定や設定のUIがわかりやすくなります。

参考情報