DTI SIM、YouTubeやradiko、Twitter、マイナビがカウントフリーとなる20’s SIMを提供開始

ドリーム・トレイン・インターネットのモバイル高速データ通信サービス「DTI SIM」において、YouTubeやTwitter、radiko.jp、そして就職情報サイトのマイナビとマイナビ学生の窓口がデータ通信量カウントフリーとなる新プラン「20’s SIM」が提供開始されました。

マイナビがカウントフリー対象に入っていることから分かるように、就活などで使える20代向けのプランとなっています。カウントフリーだけでなく、公衆Wi-Fiスポット、画面割れに対する修理サービスも付いてきます。

3つの大きな特徴

20’s SIMには大きく3つの特徴があります。

Twitterなどがカウントフリー

20’s SIMは、YouTube・Twitter・radiko、そして就職情報サイト「マイナビ」と学生用お役立ちサイト「マイナビ学生の窓口」が基本データ通信量にカウントされません。
マイナビがカウントフリーというのはかなりピンポイントに狙った感ありますが、そういう人たちが対象となるSIMというわけです。

画面割れの修理サービス

iPhoneだけに限るようですが、年に1回2,000円(税抜)で画面割れの修理ができるサービスがあります。

Wi-Fiスポットの利用

株式会社エコネクトが提供する公衆無線LAN接続サービスでWi-Fiの利用が可能です。

3つのプランと料金表

20’s SIMは「音声通話対応プラン」「データ通信専用プラン」「Wi-Fiルーターセットプラン」の3種類が提供されます。それぞれの料金表は以下の通り。

音声通話対応SIMカードには「10分かけ放題」が付いてきます。


対象者をかなりピンポイントに狙った面白いプランです。なお「20’s SIM」という名前で20代向けではありますが、別に契約対象を20代に限っているわけではなく、30代40代のナイスミドルでも契約できるようです。(契約は20歳以上が対象)

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE