nuroモバイルがソフトバンク回線の2プランを12月19日より提供開始!2GB月額980円から

|

ソニーネットワークコミュニケーションズはMVNOサービス「nuroモバイル」において、新たにソフトバンク回線を利用したプランの提供を12月19日(火)午前9時より開始すると発表しました。

これまでドコモ回線で提供してきたオプションサービスはほぼそのままに、高速通信容量2GB/5GBの2プランが提供されます。料金は2GBデータSIMで月額980円から。

豊富なオプションサービスはそのまま

nuroモバイルでは現在ドコモ回線の格安SIMを提供中ですが、そちらにあるオプションサービス「音声定額10分かけ放題」や「データ前借り」「翌月繰り越し」「端末補償」「訪問サポート」はソフトバンク回線でも利用可能です。

翌月繰り越しや初速バーストなどは他のMVNOでもよく見るものですが、「データ前借り」といったnuroモバイル独自のものもあります。

ソフトバンク回線プランの概要

料金

高速通信容量 2GBプラン 5GBプラン
データSIM 980円/月 1,780円/月
音声通話SIM 1,680円/月 2,480円/月
容量チャージ 100MB:400円
500MB:600円
1GB:1,000円
音声通話料 20円/30秒(「nuroモバイルでんわ」アプリ利用時は10円/30秒)
SMS送信料 3円~/通(SMS送受信は音声通話SIMでのみ利用可能です)
  • ※ソフトバンク回線プラン内において、高速通信容量2GB、5GB間の変更は毎月可能です。
  • ※音声通話SIMには12か月間の最低利用期間が設定されています。音声通話SIMを最低利用期間内に解約する場合は、最大12,000円の最低利用期間内違約金が発生します。
  • ※別途ユニバーサルサービス料がかかります。

SIMカード種類と対応端末

SIMカード種類
micro SIM nano SIM iPhone専用nano SIM
対応端末 SIMロックフリー端末
ソフトバンクブランドで販売された端末 2017年8月以降に販売された端末 iPhone
iPad
上記以外
2017年7月までに販売された端末 iPhone
iPad
上記以外

※ iPhone 4S以前のiPhone、iPadは利用できません。

ソフトバンク回線プランとして提供されるSIMはmicro SIMとnano SIM、そしてiPhone専用nano SIMの3種類があります。使用する端末によって上記のように分かれているのでご注意ください。ソフトバンク回線の格安SIMではあるものの、ソフトバンクから発売された端末については、2017年7月以前に販売された端末では使える端末がかなり少ないです。このあたりはよく注意した方がいいでしょう。

参考情報

Random Posts

タッチパネル&5Wのオーディオスピーカーとサブウーファー搭載「Tronsmart Jazz mini Bluetooth4.2 スピーカー」レビュー
Real Simple Image Widget:指定した画像をホーム画面に表示する、それだけのウィジェット
私の思い出のAndroid端末:写真を撮りまくり飯テロ大賞を受賞した HUAWEI honor 8
2016年に手に入れてずっと使い続けている4つのスマホグッズ
AIで驚異的なバッテリーライフ!Android 9 Pie搭載のフラッグシップキラー UMIDIGI F1
【大募集】8周年感謝企画 あなたのホーム画面見せてください!2018
UMi Z レビュー:Zの名は伊達じゃない!Helio X27搭載のハイスペック機は久々に出会った「使える」中華端末
KLWPでWeather UndergroundのAPIを使って天気情報を表示する方法
Galaxy S8:ロック解除は見るだけでOK!虹彩認証が思いのほか便利で楽しい
mineoは残量ナシでの速度制限状態よりも残量アリでのmineoスイッチONのほうが速いって本当?
GIF Live Wallpaper:好きなアニメgif画像をライブ壁紙として設定できるアプリ
私の思い出のAndroid端末:スマホを使っているとオタクに見られた頃から使っていたGALAXY S SC-02B
気になる人には便利かも? Bakeey 電圧電流計LEDディスプレイ付きUSB Type-Cケーブル
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年9月 その1 一部を除いたソフトバンク系が安定して優秀
Honor 8X Max レビュー:大きい、大きいけどこれは確かにスマホである