LINEに「送信取消機能」が追加!24時間以内ならメッセージを取り消し可能(ただし油断厳禁)

|

トークアプリ『LINE』に送信取消機能が追加されました。これは間違って送信してしまったメッセージを24時間以内であれば取り消すことのできる機能で、1対1でのトーク、複数名でのグループトーク問わず利用できます。

24時間以内のメッセージが対象

この送信取消機能は、24時間以内に送信したテキストとスタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、URL、LINE MUSIC、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴で、既読・未読両方のメッセージが対象となります。

取り消したいメッセージを長押しするとメニューが出るので、その中の「送信取消」をタップ。

この取消機能は2017年12月13日現在での最新バージョンで利用できるものなので、相手のバージョンが低いと取り消しできないこともあります。
メッセージを取り消すと、取り消した履歴が画面上に残ります。この履歴を長押ししてメニューを出せば、そこから履歴も削除できます。

相手から絶対見えないわけではない

この取消機能は、スマートフォン版LINE、デスクトップ版LINEで利用可能です。これでたとえ誤爆してしまってもすぐに気づけば安心…と思うかもしれませんが、あまりそうではありません。

LINEを開いていない時に来たメッセージは通知表示している人も多いと思いますが、この通知は送信取消をしても消えません。これを読まれてしまうこともあります。(なのでもう1回何かしら送って通知を上書きしてしまったほうがいいでしょう。)

また、相手がトーク画面を開いている間は、送信取り消ししたメッセージもそのまま残っています。Twitterのように取り消した瞬間にタイムラインから消えるというわけではないので注意です。

参考情報