ファーウェイ、HUAWEI Mate 10 ProおよびHUAWEI Mate 10 liteを発表!

|

ファーウェイ・ジャパンは同社のスマートフォンにおける最上位グレードに位置する「Mateシリーズ」の最新機種となる「HUAWEI Mate 10 Pro」および「HUAWEI Mate 10 lite」を国内にて販売開始することを発表しました。

Mate 10 Proは12月1日より市場想定売価89,800円(税抜)にて、Mate 10 liteは12月8日より希望小売価格42,800円(税抜)となっています。

HUAWEI Mate 10 Pro

HUAWEI Mate 10 ProはAIプロセッサーKirin 970を搭載したファーウェイの最上級モデルです。ディスプレイは18:9で6インチのFHD+ (2160×1080) OLED HDRディスプレイ、OSはAndroid 8.0 Oreo / EMUI 8.0、RAMは6GB、バッテリーは4000mAhの大容量というだけでなく最新のチップセットを組み込むことで最大50%の効率化による省エネを実現、ヘビーユーザーで1日以上、平均的なユーザーで約2日間の連続使用が可能としています。

さらにIP67の耐水・防塵仕様であり、デュアルSIM対応でどちらも4G / VoLTE待受け対応となっています、スキがないですね。

LeicaのダブルレンズカメラとAIのコラボレーション

Leicaと戦略的パートナーシップを結んだカメラも健在で、HUAWEI Mate 10 Proでは、2000万画素のモノクロセンサーのレンズと、1200万画素のカラーセンサーのレンズを装備し、開放値1.6の明るさとなっています。

このほか、AIチップセットの搭載により独立した判断力を持ち、被写体に対してリアルタイムで分析って被写体の特徴や属性に基づき自動でパラメータの設定を最適化します。これは1億枚に及ぶ様々な画像を予めインプットしているためにできることで、被写体によって最適な撮影方法を自動で選択することにより、より際立った効果を引き出すことが可能です。

また、ファーウェイ・ジャパンのVIPサービスとして、「HUAWEI Mate 10 Pro」の購入日から90日間以内に発生した画面破損においては、1回に限り、無償にて修理してくれるというものがあります。購入直後に画面が割れるとかなり凹むので、これは本当にありがたいですね。

HUAWEI Mate 10 Proのスペック

OS Android. 8.0 Oreo / EMUI 8.0
CPU HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU (4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
+ i7 コプロセッサ / Mali-G72 12コア GPU / NPU: Neural Network Processing Unit
RAM 6GB
ストレージ 128GB
外部メモリ なし
ディスプレイ 6インチ 2160×1080 (FHD+)
カメラ メインカメラ(ダブルレンズ):
1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部 F1.6 / 光学手振れ補正 / デュアルLEDフラッシュ
2倍ハイブリッドズーム / 像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプス AF / 4K動画撮影
インカメラ: 800万画素 (開口部 F2.0, FF)
バッテリー 4000mAh
サイズ 約154.2 × 74.5 × 7.9 mm
重量 約178g

HUAWEI Mate 10 Proの発売日は2017年12月1日です。

HUAWEI Mate 10 lite

HUAWEI Mate 10 liteはMate 10 Proに比べスペック等は抑えられていますが、ファーウェイにとって年末の最も重要なモデルの一つとして位置づけられている端末です。ディスプレイは5.9インチで、こちらも同じく18:9のFHD+(2160*1080)となっています。RAMは4GB、バッテリーは3340mAhと十分にあります。

前後4つのレンズのカメラ

HUAWEI Mate 10 liteはインカメラにもダブルレンズを搭載し、4つのレンズでイン・アウトどちらでもきれいな写真を撮影できます。

インカメラはF値2.0の明るく高解像度な1300万画素レンズを主に使用しながら、200万画素のレンズで被写界深度(DOF)情報を収集、これら2つのレンズを組み合わせることで正確に背景をぼかすことが可能になり、シングルカメラでできなかった描写を可能にします。
インカメラ側にもフラッシュが付いており、これは120度の広い範囲を照らして暗い場所でも自然な顔のトーンをキープしてくれます。

アウトカメラ側でも同じように1600万画素のレンズで画像を生成し、200万画素のレンズは被写界深度 (DOF)情報を収集します。ファーウェイのこれまでの機種と同様にワイドアパーチャーモードで自然なボケを表現したり、撮影した後にフォーカス位置を変更したりボケの程度を調整したりと自在に変更可能です。

HUAWEI Mate 10 liteのスペック

OS Android 7.0 Nougat / EMUI 5.1
CPU Huawei Kirin 659 オクタコア (4×2.36GHzA53 + 4×1.7GHzA53)
RAM 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC (最大256GBまで)
ディスプレイ 5.9インチ 2160×1080 (FHD+)
カメラ メインカメラ(ダブルレンズ):1600万画素+200万画素
LEDフラッシュ、像面位相差+コントラスト AF
インカメラ(ダブルレンズ):1300万画素+200万画素
ソフトライトLEDフラッシュ、FF
バッテリー 3340mAh
サイズ 約156.2 × 75.2 × 7.5 mm
重量 約164g

HUAWEI Mate 10 liteの発売日は2017年12月8日です。