Android 8.1 Developer Preview 2が配信開始-Pixel 2にてPixel Visual Coreが利用可能に

|

Androidの次期バージョンとなるAndroid 8.1のベータ版、Developer Previewの最終版がリリースされました。Android Beta Programに参加している場合は、その対象端末にOTAアップデートが配信されています。

最終プレビュー版

Android Beta Programに参加している場合は自動的にOTAで配信され、端末に表示された案内に従ってアップデートできます。

対象となっている端末は以前のDP1のときと同じで以下の通りです。

  • Pixel 2
  • Pixel 2 XL
  • Pixel
  • Pixel XL
  • Pixel C
  • Nexus 5X
  • Nexus 6P

DP1からの変更点

目立つようなDP1からの変更点はないようです。セキュリティパッチレベルは2017年10月から2017年11月になっています。

Pixel 2においてはPixel Visual Coreが利用可能になっています。これは写真撮影時に行う撮影モードのHDR+専用の画像処理プロセッサで、処理速度や消費電力といったパフォーマンスを向上させるものです。DP1ではまだ有効になっていなかったのですが、DP2から有効になるとのことです。

Pixel 2で、左がサードパーティーのアプリで撮影したもの、右がPixel Visual CoreをonにしたHDR+で撮影したもの。かなり差が出ますね。とは言っても、このPixel Visual Coreが積まれているのは現状Pixel 2だけなようなので、Android 8.1が配信されても、恩恵を受けられるのは…。

追記:

こんな細かい修正もあったようです。

Android 8.1のリリースは2017年12月

DP1が出たときにも予定が出ていますが、今回のDP2が最終プレビュー版となり最終的にリリースされるものとほぼ変わらないとされています。正式なAndroid 8.1のリリースは2017年12月の予定です。Android 8.0にアップデートできていない端末も多くあります。日本でも8.0へのアップデートが予定されている端末はありますが、8.1へのアップデートは、どうなんでしょうね。

参考情報

Random Posts

simple & high-performance【あなたのホーム画面見せてください 2018】
画面消女:スクリーンオフまでの時間を変更したり消灯しないようにできるアプリ
KLWPで円形のバッテリー残量バーにくっついていく吹き出し型の残量数値を作る
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年6月その2 止まらぬ開幕SIM、気になるイオンモバイルタイプ2
LOBKIN 20000mAhモバイルバッテリー レビュー:Type-Cで入出力可能でQuick Chargeにも対応が嬉しい
ローテク×簡単×軽量【ホーム画面コンテスト2017】
クイック設定パネル(Quick Settings)の使い方とカスタマイズ (Adroid 7.0以上向け)
簡単に解除できるのはドコモだけ、ドコモの通信の最適化解除方法
mineoが通信の最適化を始めたのでMVNO14社21枚のSIMで通信の最適化がされているか試してみた
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年8月 その2 実はいいのか?b-mobileがなかなか
Clear Clock:ダイヤルロックのような数字盤が回転する時計ウィジェット
夏休み。【ホーム画面定期コンテスト】
ただの壁紙:和名洋名で選んで単色や6種類の模様付き壁紙を設定できるアプリ
Galaxy S8 開封の儀:なめらかな曲線がセクシーかつ未来感を漂わせる
CUBOT CHEETAH 2 ファーストインプレッション:フィット感良く期待が膨らむ2万円中華スマホ