Twitterの制限文字数が140→280へ!日本語は140文字制限のままでも半角英数字は0.5文字扱いに

Twitterは11月8日、従来の1つのツイートにつき140文字までという制限を変更し、280文字までに拡大しました。ただしこれは日本語、中国語、韓国語以外の言語においてであり、完全に日本語によるツイートではあいかわらず140文字に制限されています。

半角英数字を0.5文字として換算

日本語、中国語、韓国語以外の言語において拡大、ということですが、日本のTwitterからでも英語で書かれたツイートは280文字まで投稿することが可能です。

これはどうやら半角の英数字を0.5文字として、通常の平仮名や片仮名、漢字を1文字として数えるようです。半角カナは1文字となります。

なので、日本語でのツイートでもアルファベット混じりのツイートであればこれまでよりも多くの文字を1つのツイートに込めることができます。商品名やサイト名にアルファベットがあると文字数を食っていたので、それが少なくなるのはありがたいです。「orefolder」ならこれまでは9文字でしたが、これからは5文字相当になります。

文字数カウンターも変更

公式アプリやWeb版での文字数カウンターの表現も変更になりました。これまでは数字で140からカウントダウンしていきましたが、本日より円グラフ形式になっています。

これが入力前です。ツイートボタンのとなりに薄くなった円があります。

入力を始めると円に青い部分が出てきます。

青い部分が増えていきます。

(日本語で)残り10文字以下になると円が黄色になり、数字でのカウントダウンが始まります。ここになるまではあと難文字なのかは分かりません。

140文字を超えると赤になってマイナスがつきます。

超過分が10文字以上になるともはや円でもなくなります。

この変更についても、事前にいろいろテストしたそうですが、残り10文字にならないと文字数がわからないのはちょっと不安ですね。


今回の文字数制限については、Twitter公式アプリやウェブ版はすでに対応済み(アプリはアップデートが必要かもしれません)で、サードパーティーのアプリについても一部は既に対応されているようです。開発終了していないアプリであれば、近いうちに対応されると期待できます。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE