楽天がFREETELの国内MVNO事業を買収!今後はモバイル端末事業に注力

|

楽天とプラスワン・マーケティング(以下POM)は2017年9月26日、POMの国内MVNO事業を11月1日付で楽天に承継すると発表しました。これにより楽天の「楽天モバイル」がPOMの「FREETEL」ユーザーを引き受け、契約者数・シェアが一気に増えることになります。POMの会社自体やFREETELブランドがなくなるわけではありません。

MVNO事業を楽天へ

POMは主に「MVNO事業」と「モバイル端末事業」の2つを行ってきましたが、積極的に海外展開を行っていたモバイル端末事業に比べMVNO事業は消費者庁からの措置命令など各種問題もあり、負債も多く抱えていたようです。(楽天の資料によれば「負債合計 3,090百万円」)

今回承継される通信サービスは以下のとおりです。

  • FREETEL SIM(使った分だけ安心プラン、使った分だけ安心プラン 最大20GB、定額プラン、プレミアムバリュープラン 、スマートコミコミプラン、スマートコミコミ+プラン)
  • FREETEL SIMに付帯する通話サービス(FREETELでんわ、FREETELでんわ だれでもカケホーダイ、プラスワン・マーケティング通話料いきなり半額)
  • YAMADA SIM PLUS powered by FREETEL
  • ニコニコSIM(仮)powered by FREETEL

※freetel mobile(フリモバ)ブランドの通信事業、プリペイドSIMに関する事業などは承継対象外

これらの通信サービスを契約している場合、11月1日以降は契約先・個人情報の取り扱い元・請求元はすべて楽天になります。ただしそのほか、APN設定は変わらないのでユーザーとしては何かする必要はありません。プランやサービス内容、キャンペーンについても継続されます。ただ、楽天に個人情報を渡したくない等あれば、それまでに解約しておくのがいいでしょう。

今後はモバイル端末事業に注力

POMは今回の承継により、モバイル端末事業により注力することが可能になるため、さらにコストパフォーマンスに優れたモバイル端末を開発し、国内外へ提供できるようになる、としています。

FREETELブランドの端末は2017年に入ってから国内では「RAIJIN」が2月に出たのみです。すでに半年以上なんの噂も聞こえてきません。ただ海外展開は積極的に行っているようで、8月にもナイジェリアで4機種を販売、2015年11月から合計22ヵ国で販売してきました。

こんなものもありましたので、国内よりも国外での展開が主になってくるのかもしれませんね。今回の承継もPOMによれば「国内MVNO事業」としていますし。

楽天の発表には双方の財政状態などが数字で詳しく載っており、それらもまた興味深いものです。今回のことで一応のシェアはかなり増えることになるのですが、今後MVNO業界がどうなっていくのか、要注目です。

参考情報

Random Posts

撮影した写真が勝手にGoogleマップに投稿される? 確認すべき設定と通知オフの方法
Androidスマホのちょっとした質問に答えてみる
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年5月その1 じりじり下降するLINEモバイルとIIJmio(A)が心配
Googleの天気の通知が頻繁過ぎてウザいので表示させないようにする方法
ペルソナ5のアニメにXperiaが登場!描写は精巧で、ちゃんと協力としてクレジットされている
シャアの再来を感じさせる配色!革と赤と黒の渋い端末 Leagoo Venture 1
Pixel 3 開封の儀:シンプルでさりげないポップさを持った今のGoogleらしさが見える新しいスマートフォン
SmartBand 2 SWR12 購入:睡眠も心拍も自動で記録できるスマートバンド
「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本9」PDF版および書店委託販売のご案内
フィット感・遮音性良好!通勤通学に向いている有線イヤホン「SoundPEATS B50」のレビュー
Holo Droid Free:近未来風サイバーな雰囲気でデイバイス情報を表示するライブ壁紙
画面の端を丸くしてステータスバーとナビゲーションバーからホーム画面を分離させる
Android One X2 を購入しました-1年前のスマホですがAndroid 9 Pieも来てるのですよ
Sticky Note Widget:色やサイズが変更可能でスクロールもできるメモウィジェット
エキサイトモバイルを契約-1GBごとの従量制「最適料金プラン」もあるIIJ系格安SIM