税抜7800円のg06+登場!g06からRAMとストレージ容量が倍増、OSはAndroid 7.0に!

|

NTTレゾナントは7月31日、4インチディスプレイのLTE対応スマホ「g06+」(グーマルロクプラス)を発表し、gooSimsellerにて販売開始しました。

これは昨年9月に発売されたg06のパワーアップ版となるもので、RAMとストレージ容量が倍増されたほか、OSがAndroid 7.0になっており、価格は税抜7,800円据え置きという低価格モデルです。

基本色gooRedともう1色の背面カバーが付属

基本的な外見などはg06と変わりありません。4インチディスプレイ、横幅63.2mm、重量約129gのコンパクトボディは軽くて持ちやすいでしょう。

g06のとき同様に基本色gooRedのほかにもう1枚背面カバーを選ぶことができます。選べる色は変わっており、今回はイエロー・ライトブルー・ピンク・ブラック・インディゴの5色が用意されています。

スペックは少しパワーアップ

元のg06は値段相応のかなり低スペックな端末でした。(それでも用途を選べばちゃんと動きますが。)今回のg06+はRAMが2GB、内部ストレージ容量が16GBとパワーアップしており、OSもAndroid 7.0へと上がっています。これ以外は基本的にg06と同じようです。

OS g06+ g06
OS Android 7.0 Android 6.0
CPU MT6737M クアッドコア 1.1GHz
RAM 2GB 1GB
ストレージ 16GB 8GB
外部メモリ micro SDHC /最大128GB micro SDHC /最大32GB
ディスプレイ 4インチ 800 × 480 (WVGA)
カメラ 背面:500万画素 前面:200万画素
バッテリー 1700mAh
サイズ 約126×63.2×10.8 mm
重量 約129g
ネットワーク LTE: B1(2100) / B3(1800) / B19(800)
W-CDMA: B1(2100) / B6(800)
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

g06+は2017年7月31日よりgooSimseller各店にて販売が開始されています。価格はOCNモバイルONEのSIMセットで税抜7,800円とLTE対応端末としてかなり安価です。スペックは多少上がったとしても、エントリーモデルには違いないのでメインとして使用するにはオススメしませんが、用途をうまく選べば使えるでしょう。

Random Posts

mineoのパケットギフトを自分に贈って永久繰越!セルフパケットロンダリング
質問に答えるとあなたにピッタリのホーム画面をGoogleが提案してくれる#myAndroid Taste Test
Essential Phone PH-1のカメラをチェック!設定やできることが少なすぎて戸惑うレベル
Jelly Proとアームバンド、この組み合わせはランニングのお供にちょうどいい
Pixel Pill Widget (Pro):Google Pixelの検索ウィジェットそっくりでカスタマイズもできるウィジェット
C91 コミックマーケット91 参加記
Layout Whitelist Editor:Essential Phoneでサードパーティ製アプリでもステータスバーを埋めるアプリ
ドコモショップでFOMA SIM(標準サイズ)をnano SIMにサイズ変更
KLWPでテキストファイルの中から指定した行のテキストを表示する
Empty Folder Cleaner:中身が空のフォルダを削除するシンプルなアプリ
3万円台で買えるXiaomiのハイスペックスマートフォン「Mi 5s」を数日間使ってみてのレビュー
通信量チェッカー:日ごと月ごとアプリごとの通信量をグラフ表示してくれるアプリ
太いバンドでガッチリホールド!鍵やカードも収納できるOmakerのスマホ収納アームバンド
アンティークと共に【ホーム画面定期コンテスト】
マテリアルデザインを意識したスッキリホーム画面【ホーム画面企画2016】