ASUS、ZenFone Live発表! ライブ配信をキレイに手軽に配信できるスターターモデル 7/14発売

|

ASUSは7月12日、リアルタイムに美顔処理を行いながら、ライブストリーミングによる動画配信ができる「美人エフェクトLive」を搭載したZenFoneシリーズのスターターモデル「ZenFone Live (ZB501KL)」を発表しました。公式のZenFone Shopなどで本日より予約開始、7月14日発売です。希望小売価格は税抜19,800円となっています。

ZenFone Liveの主な特徴

120gの軽量モデル

ZenFone Liveは現在展開中のZenFoneシリーズの中では最も小さい5インチディスプレイ搭載で、片手にすっぽりおさまる約120gの軽量コンパクトなSIMフリースマートフォンです。

また、スターターモデルという位置づけから、スマホが初めての方でも迷わず使える「簡単モード」や、使用出来るアプリや使用時間を制限できてお子様にも安心して使ってもらえる「キッズモード」もあります。

美人エフェクトLiveで簡単キレイに動画配信

世界初となる、SNSのアプリ上でリアルタイムに美顔処理を行う機能「美人エフェクトLive」を搭載しています。これは、FacebookやTwitter、YouTubeなどの動画配信中に、リアルタイムで美顔処理してくれる機能です。

また、本体上下に配置された2つのマイクにはノイズキャンセリング機能を搭載し、周囲の雑音は減らしながら、ライブ配信時の音声をしっかりと拾います。

これらの機能でライブ配信特化のZenFoneとなっています。ノイズキャンセリングのついた2つのマイクというのは、ライブ配信する人にとってはかなり魅力的なんじゃないでしょうか。

自撮りでも威力を発揮する前面カメラ

セルフィー時には、肌の質感や目の大きさなどを調整できる「美人エフェクト」があります。さらに前面にソフトフラッシュライトを搭載しているので、いつでも明るくキレイに自撮りできます。

また、前面カメラは82度の広角ワイドアングルなので、大人数でのセルフィーも楽しめます。

ZenFone Liveのスペック

OS Andorid 6.0.1
CPU Qualcomm Snapdragon 400(クアッドコア1.4GHz)
RAM 2GB
ストレージ 16GB
外部メモリ microSDXC (最大128GBまで)
ディスプレイ 5インチ 720×1280 (HD)
カメラ 背面:1300万画素 前面:500万画素
バッテリー 2650mAh
サイズ 約141.1 × 71.7 × 7.9 mm
重量 約120g

カラーは「ネイビーブラック」「シャンパンゴールド」「ローズピンク」の3色となっています。また、au VoLTEにも対応しているので、au系のMVNOのSIMも使うことができます。

現在予約受付中で、発売は2017年7月14日、希望小売価格は税抜19,800円です。

参考情報

Random Posts

Mi Band 4 レビュー:カラーで見やすくなりバッテリーもちもいい、まさにスマートバンドの王者!
KLWP/KWGTで必要な文字だけが光ってテキストで時刻を表現するWord Clockを作ってみる
Playストアで有料アプリを公開&無料セールを設定する-アプリ販売始めました
格安SIMの通信速度比較【2019年5月その1】初登場のLINEモバイルau回線は(まだ)UQモバイル並に速い
UMIDIGI F1は2019年1月7日、199ドルで販売開始!いつもの公式10台プレゼントもあり
夜桜【ホーム画面定期コンテスト】
Iconzy:アイコンパックからアイコン画像を取り出したりKLWPで活用できるアプリ
Bluetoothスピーカー「ZENBRE Boost」レビュー:USB Type-C・IPX7防水・10W×2の高出力スピーカー搭載
KWGTのテーマ特集:ミニマル系ホーム画面にもピッタリなクールでカッコいいテーマ5種
2017年作ったホーム画面まとめ
TicWatch S 購入:1万円台で買えるお手頃価格のWear OS(Android Wear)搭載スマートウォッチ
Xiaomi Redmi Goレビュー:1万円以下で買えるAndroidの軽量版「Go Edition」搭載マニア向けスマホ
RAVPowerのRP-UC11使用レビュー:サブに持っておきたい小型軽量のUSB充電器
Googleの天気の通知が頻繁過ぎてウザいので表示させないようにする方法
簡単に解除できるのはドコモだけ、ドコモの通信の最適化解除方法