コヴィア、CDMA2000のBC0(800)、BC6(2000)にも対応した「g07+(グーマルナナプラス)」を発売

|

コヴィアは3月27日より、3キャリアに対応したデュアルSIMデュアルスタンバイ対応スマートフォン「g07+(グーマルナナプラス)」をNTTレゾナントより販売開始しました。従来のg07から更にCDMA2000のBC0(800)、BC6(2000)のバンドへ対応したモデルとなります。

auの3G回線通信方式「CDMA2000」に対応

これまで販売されていたg07もデュアルSIMデュアルスタンバイに対応していましたが、docomoおよびsoftbankの3G回線通信方式『W-CDMA』のみ対応でした。これがg07+ではauの3G回線通信方式「CDMA2000」にも対応しています。これにより、auのガラケーユーザーでも、そのSIMをg07+に差し替えて、ほかの格安SIMをデータ専用SIMとして組み合わせて使うことができます。

auのVoLTE 4G、LTEデータ通信には対応していないので、使い方としては限定的となるかもしれませんが、うまく条件に合う人であれば魅力的に映ると思います。

ハードウェアも強化

g07+ではg07に比べ液晶、タッチパネル、カメラ、Eコンパスの4点のハードウェアの強化も行われています。液晶は消費電力を抑えながらも明るく高精細なIGZO液晶パネルを採用し、タッチ精度も向上、カメラはIRカットフィルターを追加し、より自然で綺麗な撮影効果を実現、Eコンパスの精度も上がっています。

これだけ性能アップしていますが、価格は抑えられています。メーカー希望価格は29,800円(税抜)となっていますが、NTTレゾナントのgoosimsellerではg07が17,800円(税抜)だったところ、g07+は19,800円(税抜)と僅かなアップになっています。

g07+のスペック

OS Android 6.0 (Android 7.0アップデート対応保証)
CPU MT6750T オクタコア Cortex-A53 1.5GHz ×4, 1.0GHz ×4
RAM 3GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC (最大128GBまで)
ディスプレイ 5.5インチ 1080×1920 (フルHD)
カメラ 背面:1300万画素 前面:800万画素
バッテリー 3000mAh
サイズ 約152 × 75.6 × 7.9 mm
重量 約150g

参考情報

Random Posts

Googleの天気の通知が頻繁過ぎてウザいので表示させないようにする方法
「Androidのホーム画面をカスタマイズする本7」PDF版および書店委託販売のご案内
【テーマは冬】第6回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト開催のお知らせ
雨【ホーム画面定期コンテスト】
ホーム画面コンテスト2017 投票結果発表! 1位はウニさん作成の「雪の日」
Playストアでこれまでに課金したアプリと合計金額を確認してみる
Galaxy S8:ロック解除は見るだけでOK!虹彩認証が思いのほか便利で楽しい
dodocool 左右独立型ワイヤレスイヤホン DA144 レビュー:左右どちらも単独で使えるスポーツ向けイヤホン
見返り美人【ホーム画面定期コンテスト】
ZenFone 5のノッチに隠されたステータスバーアイコンはタップで2段目表示となって面白い
Redmi Note 4X レビュー:カメラなど一部不満はあるがXiaomi入門機としては十分使える
Essential Phone PH-1の前面カメラがめり込んでることで実際の表示がどうなるかチェック
LINEモバイルのソフトバンク回線が低速化! 18日夕方をめどに増強し、改善を約束
Xperia X Compactでアプリを無効化-ADBコマンドでスマホから無効化できないアプリも無効化
Android 8.1 Developer Preview リリース:壁紙によるダーク/ライトテーマの自動変更など