FREETEL、遠隔操作での機種利用制限(端末ロック)を使った携帯電話不正利用防止の取組みを開始

|

FREETELブランドのプラスワン・マーケティングは2月27日、不正に入手されたスマートフォンが「振り込め詐欺」などの犯罪に利用されることを防止する取組みとして、「遠隔操作での機種利用制限(端末ロック)」を導入すると発表しました。これにより、犯罪行為や不正入手された同社のスマートフォンは利用制限がかかりロックされます。なお、この制限の解除は不可能。

犯罪に利用されることを防止するため

今回の取り組みは、不正に入手されたスマートフォンが「振り込め詐欺」などの犯罪に利用されることを防止するために行われるものです。制限の対象となる製品は以下のとおりです。

遠隔操作での利用制限の対象となる製品
  • 販売店での窃盗(盗難)や詐欺などの犯罪行為により、不正に入手された携帯電話及びスマートフォン
  • 本人確認書類偽造や申込書の記載内容(お名前、住所、生年月日など)に虚偽の申告が含まれているなど、不正な契約により入手された携帯電話及びスマートフォン
  • 代金債務の履行がなされていない、またその恐れが高い携帯電話及びスマートフォン

こういった遠隔操作での利用制限についてはドコモ等キャリアでも行われており、各機種の固有番号(IMEI)から制限がかけられているかどうかを判別するページも用意されています。FREETELでも同様に、利用制限がかかった機種を照合できるウェブサイトを公開予定となっています。
オークションなどで端末を入手する際はこの照合サイトで確認するようにした方がいいでしょう。

参考情報