BIGLOBE SIMがプラン名称変更とともにSIMカード準備料を請求開始へ 2月1日申し込み分より

20170119-biglobe-1

ビッグローブは1月19日、2月6日より一部料金プランの名称を変更すると発表しました。これまでのエントリープラン・ライトSプランがそれぞれ3ギガプラン・6ギガプランとなります。

また、2月1日申し込み分より、申し込み時の手数料に加え、別途「SIMカード準備料」の請求が開始されます。先日LINEモバイルが同じくSIM発行手数料(税抜400円)を請求するようになると案内されたところですが、BIGLOBE SIMもそれに続きます。

料金プランの名称変更

プラン名の変更に関しては、2月6日からとなります。これまでのエントリープランが3ギガプラン、ライトSプランが6ギガプランとなります。プラン名で高速通信容量が分かりやすくなりましたね。

これによりBIGLOBE SIMのプランは以下のようになります。

SIM種別 音声通話
スタートプラン
1GB
3ギガプラン
3GB
6ギガプラン
6GB
12ギガプラン
12GB
データ通信のみ 900円 1,450円 2,700円
データ通信+SMS 1,020円 1,570円 2,820円
音声通話
(データ+SMS+音声通話)
1,400円 1,600円 2,150円 3,400円

SIMカード準備料

2016年8月よりドコモがMVNOにSIMカード発行手数料を請求することになりました。今回の「SIMカード準備料」はこれに当たります。

■開始時期
2017年2月1日(水)お申し込み分から
※ お客さまのSIMカードの受け取りをBIGLOBEが確認した月の翌月に請求します。

■請求内容
SIMカード準備料:394円/枚(税別)
※ 発行したSIMカードの枚数分かかります。
※ 各種申し込み手続き時にかかる手数料とは別にかかります。

■対象となる手続き
「BIGLOBE LTE・3G」のSIMカード発行をともなう手続き全てが、「SIMカード準備料」請求の対象となります。

  • 新規申し込み
    (店頭申し込み、店舗・ショッピングサイトで購入したはじめまセットを利用したお申し込みなども含め、 全てが請求の対象となります。)
  • シェアSIMの追加
    (新規申し込みと同時にシェアSIMを追加する場合も、請求の対象となります。)
  • SIMカード種別変更
  • SIMカード再発行

BIGLOBE Wi-Fi 一部サービスエリア提供終了

また、2017年3月31日をもって「BIGLOBE Wi-Fi」で提供しているサービスエリアのうち、一部エリア(マクドナルドや東海道新幹線など)の提供が終了します。

■提供終了エリア
以下のSSID名(無線LANのネットワーク名)で接続するエリアの提供が終了します。
SSID
「mobilepoint」
「mobilepoint1」
「mobilepoint2」
「UQ_Wi-Fi」 ※ 成田エクスプレスと常磐線特急「ひたち、ときわ」の車内

■上記SSIDの主な設置場所
マクドナルド店内、ルノアール店内、東海道新幹線車内など

■提供終了日
2017年3月31日(金)

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE