Twitter、QRコードでフォローできる機能を公式アプリに追加!名刺などに入れるといいかも

|
20161117-twitter-qr-1

Twitterは公式アプリにて、QRコードをスキャンするだけでアカウントを簡単にフォローできる「QRコード」機能を追加しました。この機能を使うとその場で会った人をフォローしたり、訪れたお店のアカウントをフォローするのが簡単になります。

QRコードでアカウント読み取り→フォロー

20161117-twitter-qr-220161117-twitter-qr-320161117-twitter-qr-4

使い方は簡単です。Twitter公式アプリのサイドメニューに追加されたQRコードをタップして読み取りモードへ移行、そして中央の枠にQRコードを入れると該当アカウントの情報が表示されるので「フォローする」をタップすればフォロー完了です。QRコードで読み込んだだけではフォローされないので安心してください。

読み取るQRコードもこの機能で作成できます。

20161117-twitter-qr-520161117-twitter-qr-620161117-twitter-qr-7

QR読み取り画面で読み取り枠の下にある自分のQRコードをタップすると、自分のアカウントをフォローするためのQRコード表示に切り替わります。なお、背景色は自分のQRコードタップのたびにランダムに切り替わります。

右上の共有ボタンをタップするとメニューが現れ、画像として端末に保存するか、そのまま別のアプリに共有するか選べます。
端末に保存すれば、名刺などに印刷できるので、初めて会った人に渡してすぐに簡単にフォローしてもらうことができます。お店などではこのQRコードを印刷してテーブルに置いておくなんていう利用方法が考えられます。

リアルからのフォローが簡単

これまではアカウント名を聞いてもそれを1文字1文字入力するか検索して見つけ出しフォローするしかありませんでしたが、これでフォローまでの手順がかなり簡単になります。
ネット上での出会いだけでなく、リアルで出会った人やお店などのアカウントを簡単にフォローできるようになったのはかなりいいですね。私も次の名刺にはこのQRコードを入れたいと思います。

なお、当サイトの更新通知用アカウントのQRコードは以下になります。ぜひこのQRコードで読み取りを試してみてくださいね。

20161117-twitter-qr-0s

(スマホの方はタップでアカウントのプロフィール画面へ移動しますので、そちらからフォローできます。)


ちなみに、作成されたQRコードは単にプロフィールページのURLが入っているだけのようです。ほかのQRコード作成アプリなどでプロフィールページのURLを入れたQRコードを作成し、Twitter公式アプリのQRコード機能で読み取っても同じように動作します。プロフィールページ以外のURLが埋め込まれたQRコードも読み取り可能で、その場合はTwitter内部ブラウザでそのページを開く事ができます。

参考情報