FREETEL KIWAMIにアップデート配信-計算機アプリにて数字入力時にカンマが付くように

|
20160824-kiwami-1

FREETELは8月24日、SAMURAIシリーズの「KIWAMI 極」に対しソフトウェアアップデートを開始しました。今回のアップデートでは半額でんわのアプリがアンインストールされ、FREETELでんわのアプリがプリインストールされるほか、計算機アプリにて数字入力時にカンマが付くように改修されました。

ビルド番号「FREETEL_FTJ152D_20151020」の端末へのアップデートは週末に

今回のアップデートの対称となるのはビルド番号「FREETEL_FTJ152D_20160309_a」「FREETEL_FTJ152D_20160108_a」の端末のみです。ビルド番号「FREETEL_FTJ152D_20151020」の端末へのアップデートは少し遅れて今週末前後に配信予定となっています。

本アップデートでの改善内容

ビルド番号「FREETEL_FTJ152D_20160309_a」からアップデートする場合

  • 半額でんわのアプリがアンインストールされ、FREETELでんわのアプリがプリインストールされます。
  • 計算機アプリにて数字入力時にカンマが付くように改修しました。

ビルド番号「FREETEL_FTJ152D_20160108_a」からアップデートする場合

  • 半額でんわのアプリがアンインストールされ、FREETELでんわのアプリがプリインストールされます。
  • 計算機アプリにて数字入力時にカンマが付くように改修しました。
  • アプリドロワーにワイヤレスアップデートのアイコンが追加されました。
  • 指紋登録メニューのガイダンスを修正しました。

アップデートに関するご注意事項

  • 通話料いきなり半額アプリをご利用のお客様はアンインストールされますのでご注意ください。
    ※再度本アプリをご利用の場合はPlayストアよりダウンロードが必要となります。
    ※「携帯電話会社通話プラン優先リスト」に登録済みの電話番号の一覧が消去されますので、再登録が必要となります。

  • SDカードを内部ストレージとして使っている場合、一度SDカードを外してからアップデート作業を行ってください。
  • アップデートには約50分程度かかります。
    ※アップデートの際にはWi-Fiのご利用を推奨いたします。
  • 万が一に備え、アップデート前に重要なデータはパソコンやSDカードなどにバックアップを取ってください。
  • ソフトウェアのダウンロードデータ容量は下記の通りとなります。ストレージに十分な空き容量が必要です。
    【ビルド番号「FREETEL_FTJ152D_20160309_a」からアップデートする場合】361.16MB
    【ビルド番号「FREETEL_FTJ152D_20160108_a」からアップデートする場合】365.63MB
  • バッテリー残量が30%以上であることを確認してください。
  • アップデート中は発信、着信ができません。予めご了承ください。

参考情報

Random Posts

知ってた?通知領域の日付部分タップでアラーム設定画面へ直接行けるのが便利
KLWPのテーマ特集:ドットビューにX型、マテリアルデザインなど雑多なテーマ6種 (2017.07.08)
メタルレッドがカッコいい!日帰り外出に丁度いい5000mAh軽量モバイルバッテリー ROMOSS GT3
格安SIMの通信速度比較【2019年4月その2】b-mobileがドコモ回線もソフトバンク回線も快速絶好調!
Retro Music Player (Beta):iOSのデザインも取り入れたシンプルな音楽プレイヤー
ZenFone Max Plus (M1) 購入:スッキリしてスベスベなボディを持った外観をチェック
【テーマは春】第8回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト開催のお知らせ
Caffeine:ディスプレイの自動消灯の時間を30分に切り替えるトグルスイッチ
New umbrella Terminal【ホーム画面定期コンテスト】
KLWPで曲名が長いときだけテキストをスクロールさせる
KLWPで指定したカレンダーの予定のみを表示する方法
20周年の気合を感じた!HTCサポーターズクラブ キックオフミーティングに参加! #HTCサポーター
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年2月その1 b-mobile Sに僅かな陰りが見え隠れ!?
Cat, and obliquely calm black【ホーム画面コンテスト2017】
ANDROID ICONで紹介したアイコンパック-スチームパンク風やスケッチ風など (2017.05.03)