Android版Operaが広告ブロック機能を追加 ウェブプッシュ機能なども

20160617-opera-1

Android用ブラウザアプリ『Opera』がアップデートし、広告ブロック機能を追加しました。そのほかにもいくつかの機能追加などが行われています。

データ圧縮と一緒に利用

20160617-opera-220160617-opera-3

Operaの広告ブロック機能は、元々あったデータ圧縮機能の中にあります。データ圧縮を有効にしないと広告のブロックも音にできません。

データ圧縮はページを読み込む前にoperaのサーバーを介することでデータを圧縮し、データ通信量を小さくするというものです。このoperaサーバーを通すときに広告チェックも行い、該当するものは表示しないということでしょう。

20160617-opera-420160617-opera-5

これをオンにした状態でウェブサイトを閲覧すると、広告サービス経由の広告バナーなどが表示されなくなります。単にアフィリエイトリンクとなっているようなバナーなどはそのままです。

そのほかのアップデート項目

20160617-opera-620160617-opera-7

今回のアップデートでは広告ブロック機能のほか、Webプッシュ通知のサポート、ウェブサイトの設定、マルチウィンドウのサポートなどが含まれています。
OperaでもorefolderのPush7通知が受け取れますよ。


広告ブロックについては、利用者からも、ウェブ制作側としても、それぞれの立場で思うことはあるでしょうが、選択肢がまた1つ増えた、ということです。

Google playOpera ブラウザ – 高速で安全
Opera ブラウザ - 高速で安全
制作: Opera
評価: 4.3 / 5段階中
価格: undefined (2016/6/17 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE