Fiimoが月額基本料金を600円×6ヶ月割引するウルトラサマーキャンペーンを開始!

|
20160503-fiimo-1

STNetが提供する格安SIMサービス「Fiimo」が5月1日より、キャンペーン期間中に新規申し込みすると月額基本料金を6ヶ月間600円(税抜)割引するウルトラサマーキャンペーンを開始しました。さらに特典としてFiiMo特製ウルトラマンTシャツが毎月抽選で300名に当たります。

月額料金が6ヶ月間600円引き

20160503-fiimo-2

今回のキャンペーンでは、5月1日から8月31日までに新規契約申し込みした方が対象となり、月額料金が6ヶ月間600円(税抜)引きとなります。利用開始月は日割り計算した料金がかかります。(ただし、利用開始日が1日の場合、利用開始月から割引)

Fiimoは3GBのデータ通信のみのプランの場合は月額基本料金が900円なので、6ヶ月間は月額300円程度で運用できるという事になります。


FiiMoは今年2月15日より始まった比較的新しいMVNOです。mineoをMVNEとしているようで、内容も同じくau回線とドコモ回線が選べるなど似たものとなっています。au回線を使える格安SIMとしては貴重な存在ですね。

また、サービス開始前から月額料金が8ヶ月間900円引きとなる先行予約キャンペーンをやったり、4月30日までは月額料金が6ヶ月間900円引きになるキャンペーンを行っていました。それが終了した翌日からは6ヶ月間600円引きのキャンペーン開始です。徐々にお得度が薄れているとはいえ、サービス開始からこれまでずっと通常料金での(割引のない)契約となる期間がありません。これって大丈夫なのかな?とちょっと心配になってしまいますね。

参考情報

Random Posts

格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年12月 その1 LINEモバイルではもう最速の夢は見られないのか
Teclast P10 レビュー:10.1インチでゴロゴロ動画視聴にちょどいい約15000円のAndroidタブレット
SHARP AQUOS S2 レビュー その1:三辺狭額ディスプレイと前面指紋センサーがなかなか使える!
At A Glanceによく似た見た目のウィジェットをKWGTで作ろう
mineoが通信の最適化だけでなくhttps(SSL)では帯域制御もしているとのことなのでMVNO14社20枚のSIMで試してみた
Xperia Z5 Compact SO-02H 購入:手触りが良いので、もっと早く買えば良かった
OKITIモバイルバッテリー5000mAh レビュー:持ち運ぶものだから、軽いのはいいことだ
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年1月 その1 サブブランド勢とb-mobileが良さげ
nuroモバイルのソフトバンク回線版が提供開始!速度も十分出ていそう!?
BlackBerry KEY2 レポート:BOWのアンチグレアタイプ画面保護フィルムは悪くないけど微妙
KLWPで今年の残り日数や残り時間を表示して時間の大切さをホーム画面に刻み込む
Mi Band 4 開封の儀:カラーディスプレイになったMi Band 4が届きました!
Galaxy Studio(ショールーム型)がつくばにやってきたのでGalaxy Note8を触ってきました
DeviceMemoryWidget:ストレージやRAM使用率を表示するシンプルでミニマムなウィジェット
「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本9」PDF版および書店委託販売のご案内