BIGLOBE SIM、Wi-FiスポットをBIGLOBE Wi-Fiへリニューアル!一部プランでは有料へ

|
20160118-biglobe-1

BIGLOBEは1月18日、従来の公衆無線LANサービス「Wi-Fiスポット」をサービスを終了し、2016年2月1日より、機能強化した「BIGLOBE Wi-Fi」としてリニューアルすると発表しました。

BIGLOBE Wi-Fiは有料のサービスとなり、BIGLOBE SIMのライトSプラン(6GB)と12ギガプランでは1ライセンスに限り引き続き無料で利用できますが、音声スタートプラン(1GB)、エントリープラン(3GB)では1ライセンス250円(税別)/月のオプションとなります。

BIGLOBE SIM契約者以外でも利用可能に

「BIGLOBE Wi-Fi」は、ライセンスを取得した利用者全てが全国80,000カ所のアクセスポイントを使えるサービスです。これまでの「Wi-Fiスポット」はBIGLOBE SIMの契約者だけが使えるもので、全国77,200カ所で利用できるWi-Fiスポットでした。
これがリニューアルして更にアクセスポイントを拡大し、更にBIGLOBEの接続会員も利用可能になります。(BIGLOBE会員でない場合は月額200円(税別)のBIGLOBEの「ベーシック」コースに加入すれば利用可能。)

BIGLOBE Wi-Fi サービス開始日

2016年2月1日(月)

※従来の「Wi-Fiスポット」は2016年1月31日 21:00からメンテナンスに入り、そこで使えなくなります。

ライトSプランと12ギガプランは1ライセンス無料

BIGLOBE Wi-Fiは1ライセンス250円(税別)/月ですが、BIGLOBE SIMのライトSプラン(6GB)と12ギガプランを契約している場合は1ライセンスが無料で利用可能になります。この場合はサービスが拡充されるだけです。

ただし、音声スタートプラン(1GB)、エントリープラン(3GB)の2つのプランではこの無料分がなくなり、BIGLOBE Wi-Fiを利用したい場合は有料オプションとなってしまいます。

Wi-Fiのアクセスポイントが多く用意されているから少ない高速データ通信容量でも大丈夫、ということでBIGLOBE SIMを選んでいた人もいたと思いますが、それが有料に変更されるというのは残念です。

これまで、基本的にMVNOのサービスは追加されたり拡充されることはあっても改悪とも取れる変更内容はあまりありませんでした。今後のBIGLOBE SIMや他のMVNOでもこういった動きが更に出てくるのか、少し心配です。

参考情報

Random Posts

EDGE WALLPAPER:Galaxyのエッジスクリーンのような壁紙を作るアプリ
KLWPのテーマ特集:クールなものからシンプルフラットまでカッコいいテーマ9種 (2018.01.11)
ミニマルフラットな壁紙でセンスアップ!フラットデザインの壁紙がダウンロードできるアプリ5選
AIMP:フラットUIがステキな音楽プレーヤー 指定時間に再生する目覚まし機能が使える
Tweety:ナイトモードもあるTwitterのタイムライン等を表示するウィジェット
Wiko Tommy開封レビュー:独特なブリーンカラーとプラ筐体の良さがうまく噛み合った端末
3 Hedgehogs!【ホーム画面コンテスト2017】
Quick Note:クイック設定パネルから起動できるシンプルなメモアプリ
Xperia XZはほかのスマホとUSB接続してバッテリーを分け与えることができる
Gismeteo : 日ごと時間ごと、どちらもウィジェット表示できるお天気アプリ
3万円台で手に入る超音波式指紋センサー & Snapdragon 821搭載スマートフォン「Mi 5s」の開封の儀とファーストインプレッション
Sleep as Android:眠りの浅いタイミングで起こしてくれる賢い目覚まし&睡眠解析アプリ
MSLバッテリーウィジェット:AIでバッテリーが指定数値まで減る時間を表示するウィジェット
KLWPでの天気の使い方-テキスト・画像・アイコンフォントで天気表示
Xperia Calendar Widget:1ヶ月の日付がリスト表示された縦長カレンダーウィジェット