表と裏の二刀流!FREETEL、折りたたみ式テンキー付きスマホ「MUSASHI」を発表!

|
20160114-musashi-1

FREETELは1月14日、折りたたみ式のテンキー付きスマートフォン「MUSASHI」を発表しました。MUSASHIは単に折りたたみなだけではなく、その表と裏両方にディスプレイを持つ二刀流スマホでもあります。発売日や価格などは発表されていませんが、スペックがFREETELサイトにて公開されています。

ガラケーのような外見を持つ両面スマホ

MUSASHIは折りたたみ式の両面にディスプレイを持っています。表と裏どちらも4.0インチ(480×800)となっています。発表会には行けなかったので今回発表されたものの写真はありませんが、大枠は以前のブロガーイベントで見せていただいたものと変わらないようです。カラーはブラックのほか、ゴールド、シルバーがあるようです。

20151208-freetel-620151208-freetel-7

上の写真は約1ヶ月前のブロガーイベントで見せられたもの。ほかのメディアで今回発表されたものの写真も確認できますが、それを見ると折りたたみ時のナビゲーションバーのデザインなどが大きく変わっているようです。(ホームボタンがFREETELロゴになってる。ただし戻るキーは右側のまま。)

ブロガーイベント時のMUSASHIに関する記事は以下を参考にしてください。

MUSASHIのスペック

OS Android5.1
CPU Quad core 1.0GHz
RAM 1GB
ストレージ 8GB
外部メモリ microSDHC (最大32GBまで)
ディスプレイ 4.0インチ(480×800)×2
カメラ 背面:800万画素 前面:200万画素
バッテリー 2000mAh
サイズ 約123.1 × 62.8 × 17.5 mm

スペックを見る限りでは、Priori3 LTEに近いものがあります。両面ディスプレイというのは面白いですが、動作自体はあまり期待しないほうがいいかもしれません。SDカードが32GBまでしか対応していないというのも今どき珍しいかもしれません。

参考情報

Random Posts

【今日のホーム画面】Xperiaの天気アプリの背景とゆるキャン△が妙に似合う件について
無音モード:スマホのあらゆる音をミュートにするアプリ!カメラのシャッター音も無音化
Lenovo HX03F レビュー:日本初上陸目前のレノボのスマートバンド、いまいちだった
【今日のホーム画面】KLWPを使った1スクリーンホーム画面
Kaan Icon Packってカッコ良いよね。【ホーム画面定期コンテスト】
AIで驚異的なバッテリーライフ!Android 9 Pie搭載のフラッグシップキラー UMIDIGI F1
bbasedに憧れて【あなたのホーム画面見せてください 2018】
dodocool 左右独立型ワイヤレスイヤホン DA144 レビュー:左右どちらも単独で使えるスポーツ向けイヤホン
ANDROID ICONで紹介したアイコンパック-スチームパンク風やスケッチ風など (2017.05.03)
中国の電話番号でSMSを受け取ってHey+の黑加アプリを使えるようにする方法
AMAZFIT Stratos レビュー:心拍計もGPSもしっかり「使える」スポーツ用防水スマートウォッチ
OnePlus 5T レビュー:ハイスペックでトレンドも押さえた、なんでも優秀な期待通りのスマホ
ソニーの重低音モデルヘッドホン MDR-XB550AP:見た目重視で選んだヘッドホン
夜桜【ホーム画面定期コンテスト】
Linner Bluetoothイヤホン NC50:アクティブノイズキャンセリング機能で集中したい時にピッタリ