表と裏の二刀流!FREETEL、折りたたみ式テンキー付きスマホ「MUSASHI」を発表!

|
20160114-musashi-1

FREETELは1月14日、折りたたみ式のテンキー付きスマートフォン「MUSASHI」を発表しました。MUSASHIは単に折りたたみなだけではなく、その表と裏両方にディスプレイを持つ二刀流スマホでもあります。発売日や価格などは発表されていませんが、スペックがFREETELサイトにて公開されています。

ガラケーのような外見を持つ両面スマホ

MUSASHIは折りたたみ式の両面にディスプレイを持っています。表と裏どちらも4.0インチ(480×800)となっています。発表会には行けなかったので今回発表されたものの写真はありませんが、大枠は以前のブロガーイベントで見せていただいたものと変わらないようです。カラーはブラックのほか、ゴールド、シルバーがあるようです。

20151208-freetel-620151208-freetel-7

上の写真は約1ヶ月前のブロガーイベントで見せられたもの。ほかのメディアで今回発表されたものの写真も確認できますが、それを見ると折りたたみ時のナビゲーションバーのデザインなどが大きく変わっているようです。(ホームボタンがFREETELロゴになってる。ただし戻るキーは右側のまま。)

ブロガーイベント時のMUSASHIに関する記事は以下を参考にしてください。


MUSASHIのスペック

OS Android5.1
CPU Quad core 1.0GHz
RAM 1GB
ストレージ 8GB
外部メモリ microSDHC (最大32GBまで)
ディスプレイ 4.0インチ(480×800)×2
カメラ 背面:800万画素 前面:200万画素
バッテリー 2000mAh
サイズ 約123.1 × 62.8 × 17.5 mm

スペックを見る限りでは、Priori3 LTEに近いものがあります。両面ディスプレイというのは面白いですが、動作自体はあまり期待しないほうがいいかもしれません。SDカードが32GBまでしか対応していないというのも今どき珍しいかもしれません。

参考情報

Random Posts

引かれてもキニシナイ! 戸村美知留はワイの嫁……!【ホーム画面企画2016】
ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!に参加! 自身3台目となるZenFone 3を手に入れました
2017年作ったホーム画面まとめ
dpmkm薄型軽量モバイルバッテリー5000mAh:厚さ7.8mmで薄くて軽くてアルミがひんやり
3 Hedgehogs!【ホーム画面コンテスト2017】
今まで通った場所を全て記録する『マッピング!』がストアから削除-新アプリへのデータ移行の方法
KLWPで登録しておくと何かと便利なグローバル変数-曜日の英語表記・漢数字で日付時間など
気軽に持ち運びたくなるコード内蔵式の5000mAh薄型軽量モバイルバッテリー dodocool DP09
【敗北】小さな感熱紙レシートタイプのワイヤレスプリンタ:MEMOBIRD G2
スマモンバトル-ホーム画面が俺たちのバトルフィールド【ホーム画面企画2016】
KLWPでスクリーンごとに違う画像を表示し、フェードインアウトで切り替える
Android O Developer PreviewをNexus 5Xに入れてみる-手順メモ
通信量チェッカー:日ごと月ごとアプリごとの通信量をグラフ表示してくれるアプリ
Font Viewer Plus:スマホ内にあるフォントをプレビューできるフォントビューワーアプリ
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2016年11月その2 LINEモバイルが止まらない!速い、速すぎるよ!
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status