ついに真の痛SIM登場!IIJmioがコミケC89に参加で通信もできるイラスト入りSIMを発売!

|
20151204-iij-0

MVNOのIIJmioが、2015年12月29-31日に東京ビッグサイトで行われるコミックマーケット89(C89)に参加すると発表しました。当日の会場ブースでは特別なイラストの入ったSIM、痛SIMをイベント限定で販売します。

ちゃんと通信のできるイラスト入りSIM

20151204-iij-1

今回販売されるSIMはコミケで活躍される同人絵師の方々のイラストが入ったSIMです。イラストは左から鈴平ひろ・魔太郎・シコタホA(ねとらぼコラボ)となっています。

これまで、IIJは2015年3月のコミケットスペシャルでパッケージにイラストが入ったSIMを発売したこともありましたが、そのときはSIMカード自体は普通のドコモの印刷が入ったものでした。ドコモが今後MVNO向けに提供されるSIMがカードに何も印刷されていないものに変わることもあり、今回の「真の痛SIM」の実現となったようです。

IIJのエンジニアによる公式blog「てくろぐ」によると

8月のコミックマーケット88では「イラストが印刷されたSIMカード(但し日本国内では使用できない)」を販売するサークルさんが現れるなど、弊社のイニシアティブが揺らぎかねない状態となりました。
てくろぐ: IIJmioのSIMデザインが変わります

と、Project Connectの痛SIMを強く意識しているようです。

今回発売される痛SIMはパッケージが3種類あり、どれも500MBのプリペイドSIMとなっています。(開通期限は2016年10月末日)
それぞれ税込3,000円で、nano SIMのみとなっています。

パッケージだけイラスト入りのものも

20151204-iij-2

パッケージだけイラスト入りのIIJmio音声通話パック(みおふぉん)も発売されます。これは3月のコミケットスペシャルのときと同じものですね。こちらにはSIMは同梱されておらず。申込用のパッケージとなっています。
こちらも価格は税込3,000円です。

購入者特典も

20151204-iij-4

さらに、コミケ会場で上記のSIMを購入すると特典としてオリジナルデザインのポスターと紙袋がプレゼントされます。これは各日先着となっているので、欲しい方はお早めに。

また、このほかにIIJmioのコミケ情報をTweetしてそれをブースで見せるとオリジナルステッカーがもらえたり、会場に行けなくても一定条件で同ステッカーをもらうことができます。

コミケC89にはorefolder.netも参加予定です。IIJmioと合わせてどうぞお越しください。

参考情報