壁紙

3D Wallpaper Parallax 2018:壁紙に奥行きと立体感を生み出すパララックス壁紙

|

3D Wallpaper Parallaxはパララックス(視差効果)を使ったライブ壁紙と、それを自分で作り出せるアプリです。静止画ではちょっとわかりにくいですが、スマホの壁紙に奥行きを伴った立体感を生み出してくれます。

3D Wallpaper Parallax 2018
ImaTechInnovations

パララックスで奥行きを

実際の動きは静止画ではわかりにくいので、公式の動画を見ると早いです。

実際に本アプリで壁紙に設定して、端末を傾けると左のようになります。この画像だけを見るよりも、実際に自分の端末で揺らしてみたほうが立体感があります。

3D Wallpaper Parallaxの使い方

使い方は簡単です。本アプリを起動すればいくつもの壁紙が表示されるので、気に入ったものを選んでダウンロードするだけです。この時にプレビューもできるので、どんな動きなのか確認できます。

自分で組み合わせも可能

アプリで提供されているものだけでなく、自分で画像や効果を組み合わせて作ることもできます。一部有料のアイテムもありますが、広告ありの無料版を使っていると数日に1つプレミアム機能がもらえたり、なんていうこともあるようです。


これを自分のホーム画面にどう活かすのかは、結構難しいとは思いますが、これ1つでなかなかインパクトのあるホーム画面にできそうです。

Random Posts

Wiko View レビューその1:ホーム画面と設定、ベンチマークをチェック
ココアカラー【ホーム画面定期コンテスト】
Teclast P10 レビュー:10.1インチでゴロゴロ動画視聴にちょどいい約15000円のAndroidタブレット
ただの壁紙:和名洋名で選んで単色や6種類の模様付き壁紙を設定できるアプリ
私の思い出のAndroid端末:写真を撮りまくり飯テロ大賞を受賞した HUAWEI honor 8
UMIDIGI A5 Proの詳細スペックがプレゼントキャンペーンとともに公開!5/21発売予定
Just a Line:空間にお絵かきして10秒動画を作成できる未来的で面白いアプリ
A+ – フォト&ムービー ギャラリー:タイムライン型とフォルダー型どちらも使えるギャラリーアプリ
ダミー通知er:自分で設定した内容でフェイクの通知を生成できるアプリ
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年9月 その1 一部を除いたソフトバンク系が安定して優秀
とあるスマホのホーム画面【ホーム画面コンテスト2017】
Pixel 3の夜景モード(Night Sight)が実装されたので試したら本当に凄かった
私がXperia 1を購入して設定した項目や、使い始めるために入れたアプリ
HUAWEI nova lite 2 購入:ファーストインプレッションは良好!18:9画面が自然で持ちやすい
FREETEL / エキサイトモバイル / mineo のSIMを解約