総務省 2023年度Q1(6月末)電気通信サービスのデータ:MVNOのシェア、IIJが20%に

総務省は9月22日、令和5年度第1四半期(6月末)の電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データを公表しました。

この中には移動系通信(携帯電話等)のシェアやMVNOのシェアといったデータもあります。携帯電話の契約数は2億1,268万(前期比+1.0%、前年同期比+4.6%)、そのうち5G契約数は7,476万(前期比+7.1%、前年同期比+44.8%)でした。

MVNOサービスの契約数は3,091万(前期比+2.5%、前年同期比+14.8%)、SIMカード型の契約数における事業者別シェアは、前回と同じくインターネットイニシアティブ(IIJ)がトップでした。

データの中から気になるものをいくつか紹介します。

  • 本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

3G/LTE/5G/PHS/BWAの各契約数の推移

各キャリアとも停波が決まってる3GやLTEは契約数が減り続けています。5Gは順調に伸びており、2023年6月では7,476万契約となってます。

参考:3Gサービス終了日
ドコモ 2026年3月31日
au 2022年3月31日
ソフトバンク 2024年1月31日

携帯電話の契約数における事業者別シェアの推移

携帯電話の契約数でのシェアです。KDDIグループにはUQ mobileも入ってます。NTTドコモが0.3ポイントの減少でKDDIはMVNOが0.1ポイント増、ソフトバンクはMVNOと合わせるとプラマイゼロ、楽天モバイルは0.1ポイント増で2.3%です。

今期 前期比 前年同期比 MVNOを含め
NTTドコモ 35.5% -0.3ポイント -1.0ポイント 41.3%
KDDI 27.0% ±0ポイント +0.1ポイント 30.6%
ソフトバンク 20.7% -0.1ポイント -0.4ポイント 25.8%
楽天モバイル 2.3% +0.1ポイント ±0ポイント 2.3%
MVNO 14.5% +0.2ポイント +1.3ポイント 14.5%

MVNOサービスの区分別契約数の推移

MVNOサービスといっても実は色々あるのですが、いわゆる「格安SIM」はこの中の「SIMカード型」と見ていいでしょう。2023年6月では1,571万契約となっています。前回から微増ですね。

なお、このグラフは契約数が3万以上のMVNOからの報告を基に作成されているので、実際の数はもっと多くなります。

MVNO(SIMカード型)の事業者別シェア

契約数が3万以上のMVNOサービスの区分別契約数は、SIMカード型が1,571万(前期比+0.4%、前年同期比+5.0%)、通信モジュールが1,091万(前期比+4.3%、前年同期比+17.6%)でした。

SIMカード型の契約者数における事業者別シェアは、インターネットイニシアティブ(IIJmio)が最も高く20.0%(前期比+0.2ポイント)、次いでNTTレゾナント(OCN モバイル ONE)が12.2%(前期比+0.3ポイント)、オプテージ(mineo)が9.0%(前期比±0ポイント)、富士通が5.6%(前期比-0.1ポイント)、イオンリテール(イオンモバイル)が4.7%(前期比±0ポイント)となります。

2021年 2022年 2023年
3月 6月 9月 12月 3月 6月 9月 12月 3月
IIJ
(15.8%)
IIJ
(16.6%)
IIJ
(17.3%)
IIJ
(18.1%)
IIJ
(18.8%)
IIJ
(19.0%)
IIJ
(19.7%)
IIJ
(19.8%)
IIJ
(20.0%)
NTT
(11.8%)
NTT
(12.2%)
NTT
(12.8%)
NTT
(14.0%)
NTT
(14.5%)
NTT
(10.1%)
NTT
(11.1%)
NTT
(11.9%)
NTT
(12.2%)
mineo
(9.0%)
mineo
(9.0%)
mineo
(9.0%)
mineo
(9.3%)
mineo
(9.3%)
mineo
(9.1%)
mineo
(9.1%)
mineo
(9.0%)
mineo
(9.0%)
楽天
(8.9%)
楽天
(7.8%)
楽天
(6.9%)
楽天
(6.2%)
富士通
(5.7%)
富士通
(5.6%)
富士通
(5.6%)
富士通
(5.6%)
富士通
(5.6%)
LINE
(6.1%)
BIGLOBE
(5.9%)
BIGLOBE
(5.8%)
BIGLOBE
(5.8%)
楽天
(5.5%)
BIGLOBE
(5.1%)
BIGLOBE
(4.9%)
イオン
(4.8%)
イオン
(4.7%)

IIJがついに20%がに到達しました。グラフを見ると一人勝ち状態ですね。また、2位のNTTレゾナントは2023年7月でNTTドコモに吸収合併されまています。このグラフもどうなるのか、楽しみです。


総務省のこれらの調査データは過去のものも含め公開されてるものです。なかなか興味深いものもありますし、遡って調べてみたり、MMD研究所の格安SIMサービスの利用動向調査と比べてみるのも面白いでしょう。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder

OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。

スマートフォンは2010年にXperia SO-01Bを買ったのが最初。同時にb-mobile U300で格安SIMも始めました。これまでに数百台のスマホを手にし、格安SIMも常時20種類以上契約しています。

⇨orefolderの記事一覧