REDMAGIC 8 Proにミヤビックスの抗ウイルス光沢保護フィルムOverLay Brilliantを購入!

REDMAGIC 8 Pro用に保護フィルムを新しく購入しました。今回はミヤビックスの抗ウイルス光沢保護フィルムOverLay Brilliantです。インカメラ部分の穴抜きがないタイプで、フルディスプレイをそのまま味わえるフィルムです。

いつもはミヤビックスの非光沢タイプ(OverLay Plus)を購入しているのですが、インカメラ部分の穴抜きがないのは光沢タイプだけというのと、なんとなくこの端末には光沢タイプが似合うかな?と思って、OverLay Brilliantにしました。

  • 本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

抗ウイルス光沢保護フィルムOverLay Brilliant

同梱物はいつもと同じでサポートの案内とクリーニングクロスです。貼り付けに失敗しても1回だけ無償交換してくれるサービスはありがたいですね。

公式のガラスフィルムが貼ってある上からミヤビックスのフィルムを重ねて見る

貼付け前にサイズを確認してみると、公式のガラスフィルムよりも横幅はわずかに狭い、けど黒枠よりは広い(見える範囲は広い)というサイズでした。

公式のガラスフィルムは黒枠があるタイプで、そのせいでどうにも画面が狭く感じてしまったのが今回の購入動機の1つでもあります。

数分後、貼り付けは無事完了しました。

実際は、最初に貼ったときに完璧だと思ったら微妙に微妙に上にずれていて浮いてしまった部分があったので貼り直して2回目で成功しました。2回めのときは画面がついてなかったので勘頼りだった部分もあるのですが、埃など入らずに済んでよかったです…。

ぱっと見はすごくいいですね。インカメラ部分の穴抜きがないお陰で画面全体がしっかり見えます。まさにフルディスプレイ。フィルムを貼ってるのがまるで気になりません。

サイズ的にはかなりギリギリを攻めてます。横方向の余裕はほぼ無く、縦はほんの少しありますが上下のバランスがうまくいかないとすぐに浮きます。それくらいにギリギリサイズです。貼り付け難度としてはわりと高めですね。

実際の感触など

実際にフィルムを貼り付けて画面を操作してみると、うあはり非光沢タイプに比べると指の引っかかりがありますね。公式のガラスフィルムよりもさらに、という印象です。

なお、インカメラの穴抜きがないフィルムが光沢タイプのみで非光沢がないのは、光沢タイプ以外はインカメラが曇ってしまうから、とのことでした。

貼付け後にこれを思い出したので、アウトカメラとインカメラで写真を撮ってみました。

左:アウトカメラ 右:インカメラ

もともとのカメラの性能差もあると思うのですが、うーん、プレビューの段階からフィルムを付けたインカメラは、やや白っぽく見えてました。フィルムがない場合での写真は撮ってないのでうまく比較できないのですが…。

まぁ、私の場合はインカメラで写真を撮ることはまずないので曇ってしまってもまったく構わないのですが。たぶんなんらかの認証で使う場合でもこれくらいであれば問題ないでしょうし。

ただ、触り心地を考えると、やはりいつもの非光沢タイプ(OverLay Plus)のほうが良かったな、と感じます。REDMAGIC 8 Pro用のOverLay Plusもあるのですが、これはインカメラの穴があるタイプです。穴があるとどうしてもインカメラの存在を意識してしまいますから、せっかくのフルディスプレイが損なわれてしまいます。

なかなか悩ましいですね…。

インカメラ曇ってもいいからOverLay Plusの穴なしが欲しいです…。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧