ドコモ、Galaxy A22 5G SC-56BにAndroid 13へのOSアップデートを配信開始

NTTドコモは3月2日、同社から販売されている「Galaxy A22 5G SC-56B」においてAndroid 13へのOSバージョンアップを含む製品アップデートを配信開始しました。

Android 13へのOSアップデート

Galaxy A22 5G SC-56B
アップデート方法 更新時間
端末本体 (Wi-Fi) 約35分
パソコン 約64分
  • ご利用のインターネット回線環境等により異なる場合があります。
  • ダウンロード速度を13Mbpsとした場合の目安です。
  • ひとつ前のソフトウェアバージョンからバージョンアップする場合の所要時間です。

主なアップデート内容

Android 13に対応

  • カラーパレットの増加など、Material Youの改善
  • 通知シェードの変更(メディアプレーヤーの外観変更など)
  • クイック設定パネルにQRコード読み取り
  • 通知を出すアプリは初回起動時に許可を求めるように
  • アプリごとに言語設定が可能
  • テキストコピーでサムネイル表示&共有ボタン

その他、Android 13の新機能については以下の記事を参考にしてください。

Android 13以外の機能向上や操作性改善

One UI 5の新機能については以下のページを参考にしてください。

改善される事象

Galaxy A22 5G SC-56B

  • 不在着信時に画面ロックが解除される場合があります。
  • セキュリティパッチの更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2023年1月になります。)

ソフトウェアバージョン

Galaxy A22 5G SC-56B

過去ビルド番号:SP1A.210812.016.SC56BOMS1BVJ1
最新ビルド番号:TP1A.220624.014.SC56BOMU1CWA3


その他、詳しい案内は公式の案内をご覧ください。

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧