ドコモ、AQUOS R7 SH-52CにAndroid 13へのOSアップデートを配信開始

NTTドコモは3月27日、同社から販売されている「AQUOS R7 SH-52C」においてAndroid 13へのOSバージョンアップを含む製品アップデートを配信開始しました。

  • 本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Android 13へのOSアップデート

AQUOS R7 SH-52C
アップデート方法 更新時間
端末本体 (5G/Xi/Wi-Fi) 約33分
  • ご利用のインターネット回線環境等により異なる場合があります。
  • ダウンロード速度を13Mbpsとした場合の目安です。
  • ひとつ前のソフトウェアバージョンからバージョンアップする場合の所要時間です。

主なアップデート内容

Android 13に対応

  • カラーパレットの増加など、Material Youの改善
  • 通知シェードの変更(メディアプレーヤーの外観変更など)
  • クイック設定パネルにQRコード読み取り
  • 通知を出すアプリは初回起動時に許可を求めるように
  • アプリごとに言語設定が可能
  • テキストコピーでサムネイル表示&共有ボタン

その他、Android 13の新機能については以下の記事を参考にしてください。

Android 13以外の機能向上や操作性改善

シャープ独自の機能については以下のページを参考にしてください。

改善される事象

  • より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。
  • セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2023年2月になります。)

ソフトウェアバージョン

過去ビルド番号:01.00.13
最新ビルド番号:02.00.00


その他、詳しい案内は公式の案内をご覧ください。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder

OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。

スマートフォンは2010年にXperia SO-01Bを買ったのが最初。同時にb-mobile U300で格安SIMも始めました。これまでに数百台のスマホを手にし、格安SIMも常時20種類以上契約しています。

⇨orefolderの記事一覧