週間スマホ業界ピックアップ:非公式Twitterクライアントの終焉、ThinkPadブランドのスマホ発表!など

日々進歩する携帯電話業界、今週も色々なニュースがありました。この記事では、今週のニュースを追えなかった人、そうでない人にも向けてピックアップしてザックリとまとめ、私見を記載していきます。あくまでもザックリですので、気になるニュースがあれば、ぜひ自分でも検索してみてください。

前回と前々回は休んでいたので、今回は2週間くらい前までのニュースも一部紹介します

Twitterの非公式クライアントが終焉へ

Twitterは開発者向けの利用規約を改定し、Twitterの代替となるようなアプリ(ツイートを読み込んだり投稿するためのアプリ)の開発を禁止しました。これは「Yukari」「Lagopus」「Tweecha」「Tweetbot」などの非公式アプリの提供や開発を禁止するということです。

なお、これをうけ、既に配信終了をアナウンスする開発元もあります。

筆者も非公式クライアント(特にYukari)を愛用しており、今回のルール変更には異議を唱えたくて仕方ありません。以下は愚痴っぽくなります。

公式アプリが劣悪な以上、機能も豊富で使いやすい非公式クライアントを愛用せざるを得ない環境なのに、この規約改定を行うのは正直いって意味がわかりません。「まともなクライアントを作ってからやれ!!!」と叫ばせてほしい。もちろん、経営的には広告収入を得て黒字経営にする必要があるのはわかっています。ただ、他のやり方はいくらでもあるのではないでしょうか。はぁ…。

…でも、この件について、海外では日本ほど話題になっていないようで「日本特有の文化」なのかなとは思ってしまったり。海外の感覚と、日本の感覚は違いますからね。うーん、可能性は低くても、事態の好転を願うばかりです。

Twitterの「おすすめ表示」改善へ

Twitterを開くと「おすすめ表示」が強制的に表示される仕様を変更するとイーロン・マスク氏が発表しました。変更が適応されるのは次回のアップデートとのことです。

検証段階で仕様に疑問を持たなかったのかな?としか思わない…。

ThinkPhone発表!

ThinkPadがスマホに!?Lenovoは「ThinkPhone」を発表しました。SoCにはSnapdragon 8+ Gen 1を搭載し、背面は「ThinkPad X1 Carbon」をあしらったカーボン帳のデザインを採用し、ちゃんと「i」が赤く光ります。ThinkPadファンにとっては嬉しいポイントです。

「ThinkPhone」は「ThinkPadシリーズ」の堅牢性も反映されています。鉄よりも強固なアラミド繊維、航空機相当の品質であるアルミフレームを搭載。IP68認証もあり、高い防水性も担保されています。6.6インチのFHD+ディスプレイにはGorilla® Glass Victusを採用。

また、ThinkPadとの連携も充実しており、「Think 2 Think」を用いることでhinkPadと以下の連携ができます。

  • ThinkPhoneの着信をThinkPadで応答
  • ThinkPhoneのWebカメラ化
  • 高速なファイル転送
  • クリップボードの共有

Motorolaが製造を行っているとのこと。要はOEMです。

ThinkPadファン的には嬉しい製品ですよね。個人的には期待しています。

Gyao!がサービス終了

動画配信サービスの「Gyao!」が2023年3月31日午後5時に終了すると発表しました。詳細な理由については明らかにされていません。ただ、テレビ系の見逃し配信が多く、TVerに取って代わられ、なおかつ「無料で視聴できる」などが理由で運営が厳しくなったのだと見ています。

今週(過去2週間)のまとめ

今週(過去2週間)のニュースをまとめると…。

  • Twitterが非公式アプリの提供を禁止
  • マスク氏、Twitterの強制おすすめ表示を変更すると公言!
  • ThinkPhone発表
  • Gyao!サービス終了

そういえばあけましておめでとうございます。いつもご愛読いただいている身として頭が上がりません。今年もよろしくお願いします!!!!!そして非公式クライアントに希望の光あれ!!!

また来週の記事でお会いしましょう!よい1週間、そして1年になりますように。

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis

自分の好奇心を満たすために行動してます!

行動(選択)基準はよくもわるくも「おもしろいか、おもしろくないか」になりがち。スマホはGalaxy Z Fold 3を愛用中。スマートウォッチはXiaomi Smart Band7、一眼レフはSIGMA fp Lというコンパクトな装備に落ち着いています。

最近はフォルダブル端末沼に…

⇨CloNisの記事一覧