週間スマホ業界ピックアップ – Galaxy Z Fold3 5GにAndroid 13が配信予定、Xiaomi 12T Pro発表など

日々進歩する携帯電話業界、今週も色々なニュースがありました。この記事では、今週のニュースを追えなかった人、そうでない人にも向けてピックアップしてザックリとまとめ、私見を記載していきます。あくまでもザックリですので、気になるニュースがあれば、ぜひ自分でも検索してみてください。

今年中にドコモ版Galaxy Z Fold3 5GにAndroid 13が配信予定

ついに、ついにですよ!ドコモ版のGalaxy Z Fold3 5G(SC-55B)にAndroid 13の配信が決まりました!12月中に配信予定とのことです。

Android 13になって変わることはタスクバーが使えるようになること。これはAndroid 12Lがプリインストールされている「Galaxy Z Fold4」のみでしか使えない機能でした。海外版のZ Fold3には既にアップデートが配信されており、国内版の使用者は指をくわえて待つしかない状況…。

しかし、指を加えて待つのも終わりです。12月中の配信が公表されたため、数週間以内には新機能が使えるようになります。Z Fold3ユーザーは楽しみにしておきましょう!

なお、Z Fold3以外のドコモ端末もアップデートを予定しています。くわしくは下記参考情報をご覧ください。

Xiaomi 12T Pro 発表

Xiaomi 12T Proが発表されました。公開市場版(SIMフリー)とソフトバンク版の2種類があり前者は10万9,800円で、後者は14万3,280円です。公開市場版は128GB、ソフトバンク版は256GBといった違いがあります。

基本スペックはSoCがSnapdragon 8 Gen 1+、実装メモリが8GB、バッテリーが5000mAhです。メインカメラの有効画素数は驚愕の2億万画素。

また、ソフトバンクでは「神ジューデン」を積極的にアピールしています。というのも、Xiaomi 12T Proは120W充電に対応しており、約19分で充電が完了するからです。スマートフォンの充電が19分で完了するのは驚異的というか、売りになりそうな機能ではあります。

OnePlusのWarp ChargeやQualcommのQuick Chargeなど、急速充電の過去に色々ありましたが一般化されないままだった感じがします。今はUSB PDが主流だと思いますが、そもそもUSB PDの存在を知っている人のほうが少ない印象です。120W充電はXiaomiの独自規格である一方で、急速充電の存在がこれを気に広まってくれないかなあと思ったりも。

これなら朝おきた時に充電を忘れてても大丈夫ですよね。

ただ、256GBがソフトバンク専売なのは残念です。

Zenlyが2023年2/3に終了

位置情報共有アプリのZenlyが2023年2月3日にサービスを終了すると発表しました。Zenlyは主に若年層から支持されているアプリです。

位置情報を共有して何になるんだ?と思う方もいるかも知れませんが、「今、どこにいるか」を共有し、確実に待ち合わせができたり、遊びにいった先で「近くにいたから今から会わない?」などの使い方ができます。

ちなみに、後継(?)サービスとして『NauNau』があります。Zenlyの代わりをめざしているとのことです。

Google playNauNau | 友達とつながろう
NauNau | 友達とつながろう
制作: Natsuki Kataoka
価格: 無料

ダウンロード

今週のまとめ

今週ピックアップしたニュースをまとめると…。

  • ドコモ版 Z Fold3にAndroid13がくる!
  • Xiaomi 12T Pro発表
  • Zenly サービス終了

でした。筆者もドコモ版Z Fold3ユーザーなので、Android 13の配信が楽しみで仕方ありません。はやくタスクバーが使いたい!それではよい1週間を!

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis

自分の好奇心を満たすために行動してます!

行動(選択)基準はよくもわるくも「おもしろいか、おもしろくないか」になりがち。スマホはGalaxy Z Fold 3を愛用中。スマートウォッチはXiaomi Smart Band7、一眼レフはSIGMA fp Lというコンパクトな装備に落ち着いています。

最近はフォルダブル端末沼に…

⇨CloNisの記事一覧