週間スマホ業界ピックアップ – Xiaomiが新製品を予告、Sonyがフルトラッキングデバイスを発表など

日々進歩する携帯電話業界、今週も色々なニュースがありました。この記事では、今週のニュースを追えなかった人、そうでない人にも向けてピックアップしてザックリとまとめ、私見を記載していきます。あくまでもザックリですので、気になるニュースがあれば、ぜひ自分でも検索してみてください。


Xiaomiが新製品の発表を予告

Xiaomi Japanの公式ツイッターが新製品の発表を予告しました。「性能は向上していないのに金額だけ上がり続けるモバイル業界を打破し、盛り上げようと決意した」とのこと。

また、Xiaomi公式アカウントをフォロー&当該ツイートのRTでXiaomi新製品が当たるキャペーンも実施中です。抽選人数は1名と、なかなかシビアですが…。

多分ですが、Xiaomi 12Tシリーズではないかな?と予想しています。Xiaomi 12Tシリーズは海外市場でもつい最近されたばかりで、流れ的にそうなるでしょう。というか、Xiaomiは去年もこの時期に「Xiaomi 11T」シリーズを発表しているんですよね。

ドコモ、22歳以下の通信料が3ヶ月間安くなる青春割を開始

NTTドコモは22歳以下の通信料が3ヶ月間安くなる青春割を開始しました。対象プランは5Gギガホ/ギガホプレミアで、新規契約、機種変更、契約変更、プラン変更のいずれかを行うと適応されます。

筆者も「5Gギガライト」で契約している回線が1つあるため、さっそく「5Gギガホプレミア」に変更してきました。都会だと楽天モバイルのほうが快適なのですが、地方などはプラチナバンドに対応するドコモの方が依然として強かったりもします。年末年始から春にかけて、色々なところに行く可能性があるため先を見て変更です。

Sonyが小型モーションキャプチャー「mocopi」を発表

SonyはVRデバイスの「mocopi」発表しました。mocopiは6つの小型センサーからなり、それを体に装着すると、3Dアバターでフルボディトラッキングが可能なるというもの。

VRヘッドセットとコントローラーだけでは、動かせるのは手と首のみです。しかし、mocopiを体に着用すると、足や腕など、フルボディトラッキングが可能になります。

また、スマホ以外にもPCとの接続に対応し、VRCHATなどでも動作確認済みとのこと。2023年1月下旬発売予定です。ソニーストアでの販売価格は税込み4万9,500円。

フルトラッキングデバイスはいくつかありますが、Sonyだから強気な価格で販売するのかな?と思っていました。しかし、競合にあたる「Haritora X」が3万3,900円で「Unimotion」が4万9,500円と考えると良心的な価格設定に思えます。しかも他のトラッキングデバイスと違って小型なのが個人的には高評価です。

今週のまとめ

今週ピックアップしたニュースをまとめると…。

  • Xiaomiが新製品の発表を予告
  • ドコモ青春割
  • 小型モーションキャプチャー「mocopi」がSonyから発売

でした。個人的にはSonyがVRトラッキングデバイスを発売するのは想定外でした。良心的な価格設定のうえ、小型で着脱もラクそう。これは期待してもよさそうです。VRユーザーにとって、有力な選択肢になるのではないでしょうか。

それではよい1週間を!

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis

自分の好奇心を満たすために行動してます!

行動(選択)基準はよくもわるくも「おもしろいか、おもしろくないか」になりがち。スマホはGalaxy Z Fold 3を愛用中。スマートウォッチはXiaomi Smart Band7、一眼レフはSIGMA fp Lというコンパクトな装備に落ち着いています。

最近はフォルダブル端末沼に…

⇨CloNisの記事一覧