Android 版 Vivaldi、メニューバーのカスタマイズが可能に(バージョン5.6)

Vivaldi TechnologiesのAndroid向けウェブブラウザ『Vivaldi』は12月16日、バージョン5.6を公開しました。今回のバージョンでは、戻る・進む・ホームなどのメニューバーのボタンがカスタマイズ可能になり、ハードウェア認証にも対応しました。

Google playVivaldiブラウザ:高速 & 安全、広告ブロッカー内蔵
Vivaldiブラウザ:高速 & 安全、広告ブロッカー内蔵
制作: Vivaldi Technologies
価格: 無料

ダウンロード

メニューバーのカスタイマイズが可能に

メニューバーの戻る・進む・シェア・ホームなどのボタンを、自分で並び替えられるようになりました。最大5つまで選択して並び替えられるほか、2つのプリセットから選択することも可能です。

ハードウェアキー認証に対応

二要素認証として、USB-Cポートに接続するハードウェアセキュリティキーに対応しました。

ハードウェアのセキュリティキー(セキュリティキー、U2F キー、または物理的なセキュリティキーとも呼ばれます)は、公開鍵の暗号化を特徴とし、オンラインアカウントをより効果的に保護します。また、これによりYahoo Japan! への生体認証を使ったログインも本バージョンから使えるようになりました。

新しいタブを開いた時アドレスバーにフォーカス

新しいタブを開くと URLフィールドに自動でフォーカスし、キーボードを表示できるようになりました。もちろん無効にもできます。

「トップページ」と「新しいタブページ」と統合

トップページとしてカスタムURLを有効にしている場合、新しくタブを開いた時にこのカスタムURLが開かれるようになりました。

小さいスピードダイヤルを新しいデフォルトに

スピードダイヤルのサイズが変更され、より多くのダイヤルを表示できるようにしました。必要に応じて、レイアウト(大・中・小・リスト)の変更が可能です。

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧