Twitter、各ツイートの表示回数をRT数やいいね数と一緒に表示するように

12月23日の朝より、Twitterの各ツイートに、そのツイートの表示回数が表示されるようになりました。これまで自分のツイートに関してはツイートアナリティクスで確認できましたが、今回の変更では他の人のツイート数も確認できるようになっています。

ツイートごとの表示数が見えるように

上の画像のように、リツイート数やいいね数と並んで「○件の表示」というものが加わりました。これは個別ツイートでもタイムライン上でも、どちらでも表示されます。ただ、プロモツイートは表示されていないようです。(アイコンが薄くなってる)

イーロン・マスク氏によれば、Twitterユーザーの90%以上はツイートを見てもRTやいいねといったアクションを起こさないということで、この表示数によって本当はどれだけ見られているのか可視化される、ということのようです。

これまでは自分のツイートに関してはTwitterアナリティクスで確認できました。今後は他人の表示数も見られるので、フォロワー数が多い割に実際に表示されてる回数は少ないアカウントなどがわかるようになってしまいます。ちょっと怖いですね。

なお、人の表示回数の部分をタップすると、これに関する説明と非表示というボタンが出てきます。このボタンをタップすると表示回数を非表示にできる…と思ったら違うようで、この説明ダイアログを消す(非表示)ためのボタンのようです。

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧