2022年にGoogle Play Pointsのウィークリー特典でもらえたポイントと購入したアプリ

Google Playのポイントプラグラム「Google Play Points」では、ランクによって毎週ポイントが貰える特典があります。毎週金曜日にもらえるこの特典の記録をつけてきたので、2022年の合計ポイントを集計してみました。

運が絡むものですが、この1年間で私は何ポイントのGoogle Play Pointsをもらってきたのでしょうか。

Google Play Pointsの特典

Google Play Pointsは、Google Playストアでポイントを貯めたり使ったりできるポイントプログラムです。貯めたポイントは割引クーポン、アプリ内アイテム、Google Playクレジットと交換できます。

この獲得したポイントによりステータスランクがあり、それぞれのランクで特典が用意されています。そして、シルバーステータス以上では「ウィークリー特典」として、毎週1回抽選でGoogle Play Pointが貰えます。もらえるポイントの上限はステータスによって異なり、シルバーだと最大100ポイント、最上位のダイヤモンドだと最大1,000ポイントです。

(あれ?去年はゴールドが最大100pt、シルバーが最大50ptだったのに増えてる…?)

Playストアを開いて、メニューからPlay Points特典タブ→ウィークリーリワードの受け取るをタップすれば抽選画面へと移動します。

毎週金曜日の0時に更新され、週に1度だけ抽選可能です。ランクと最大ポイントは以下の通り。

ブロンズ なし
シルバー 最大 100 ポイント
ゴールド 最大 200 ポイント
プラチナ 最大 500 ポイント
ダイヤモンド 最大 1,000 ポイント

ウィークリーリワード1年間の結果

私は2022年はゴールドからのスタートでした。ウィークリーリワードでは最大200ポイントが当たります。あくまで運が良ければ、最大、ですけど。

今年も毎週Twitterで報告していきました。この1年間の結果は以下のとおりです。

1/1 5
1/7 10
1/14 10
1/21 5
1/28 10
2/4 5
2/11 10
2/18 50
2/25 50
3/4 10
3/11 5
3/18 5
3/25 5
4/1 4
4/8 17
4/15 4
4/22 9
4/29 16
5/6 9
5/13 16
5/20 4
5/27 6
6/3 13
6/10 5
6/17 5
6/24 16
7/1 7
7/8 2
7/15 2
7/22 8
7/29 4
8/5 93
8/12 2
8/19 100
8/26 13
9/2 10
9/9 3
9/16 3
9/23 2
9/30 11
10/7 3
10/14 3
10/21 8
10/28 8
11/4 7
11/11 2
11/18 3
11/25 8
12/2 4
12/9 3
12/16 14
12/23 7
12/30 7

合計641pt

2020年は477pt2021年は220ptでした。けっこう増えましたね。だいたいランク維持に必要なポイントの半分くらいはこのリワードで稼げる印象です。

icon-orefolder

このほかにアプリや書籍の購入でポイントを得ているので、今年もゴールド維持できるだけのポイントは獲得できました。次のプラチナは4,000ポイント必要で、ちょっと遠すぎるんですよね…。

2022年に購入したアプリ

私が2022年に買ったアプリ、またアプリ内で課金したものをチェックしていきます。

Playストアの右上にある自分のアイコンをタップ→お支払いと定期購入予算と履歴から自分の購入した履歴を確認できます。

Google playSPEEDCHECK スピードテスト 回線速度 速度測定 通
SPEEDCHECK スピードテスト 回線速度 速度測定
制作: Internet Speed Test, Etrality
価格: 無料

ダウンロード

毎月の速度測定で使ってるアプリです。広告削除やcsvファイルでのエクスポートなどのために課金しました。
2,560円

Google playSolid Explorer ファイル&クラウドマネージャ
Solid Explorer ファイル&クラウドマネージャ
制作: NeatBytes
価格: 無料

ダウンロード

元々アンロッカーアプリを購入してあったのですが、毎回2つのアプリをインストールするのも面倒になってきたのでアプリ内購入で再購入しました。
249円

Google playドラゴンクエストウォーク
ドラゴンクエストウォーク
制作: SQUARE ENIX Co.,Ltd.
価格: 無料

ダウンロード

リリース当初やっててしばらく離れていたドラクエウォークに1月から復帰しました。おかげでかなり歩きました。何回か課金してます。ちなみに、Play Pointsでドラクエウォークに使えるクーポンと交換できます。(800ポイントで2,000円分)
16,080円

Google playSolid Explorer USB OTG Plugin
Solid Explorer USB OTG Plugin
制作: NeatBytes
価格: 99円 (2022/7/22時点)

ダウンロード

とある記事のためにいくつか購入したアプリの1つです。
99円

Google playMLUSBマウンタ – ファイルマネージャー
MLUSBマウンタ - ファイルマネージャー
制作: メディアロジック (Media Logic, corp.)
価格: 無料

ダウンロード

とある記事のためにいくつか購入したアプリの1つです。プラグインを2つ買ってます。
660円

Google playexFAT/NTFS for USB by Paragon
exFAT/NTFS for USB by Paragon
制作: Paragon Technologie GmbH
価格: 無料

ダウンロード

とある記事のためにいくつか購入したアプリの1つです。プラグインを1つ買ってます。
800円

Google playUSB Media Explorer
USB Media Explorer
制作: Homesoft, LLC
価格: 489円 (2022/7/25時点)

ダウンロード

とある記事のためにいくつか購入したアプリの1つです。
489円

Google playDropsync: Autosync for Dropbox
Dropsync: Autosync for Dropbox
制作: MetaCtrl
価格: 無料

ダウンロード

Googleフォトに無料アップロードするために使っていたアプリでアップグレードしました。
600円

Google playKLWP Live Wallpaper Maker
KLWP Live Wallpaper Maker
制作: Kustom Industries
価格: 無料

ダウンロード

これもProKeyアプリを別で買ってたのですが、インストールが面倒になってアプリない購入で再購入しました。
620円

Google playレイヤーペイント HD
レイヤーペイント HD
制作: nattou.org
価格: 無料

ダウンロード

ペンタブレットのレビュー記事のために買った…はずです。
300円

Google playBallz
Ballz
制作: Ketchapp
価格: 無料

ダウンロード

単純だけどハマるゲームにハマってしまって広告除去のために課金。
200円

これまでの履歴

意外とたくさんアプリ買ってました。2022年は合計22,657円でした。2013年からの履歴は以下の通り。

2013年 4,103円
2014年 15,113円
2015年 11,876円
2016年 32,269円
2017年 187,755円
2018年 54,973円
2019年 3,840円
2020年 3,330円
2021年 1,930円
2022年 22,657円

やっぱりゲームでの課金が大きいですね。まぁこれからも無理のない範囲で課金していくつもりです。

これらのほかに、書籍もGoogle Playで購入していました。主にPlay Pointsのランク上げや、もらったポイントでゲームのクーポンに変換するためです。こちらは合計17,110円でした。ただ、やっぱりKindleのほうが読みやすいので今後はそちらで購入していこうと思います。Play Pointsのゴールド維持できるか、ちょっと心配ですが…。

2023年に向けて

2022年は無事ゴールドステータスを維持できました。でもやっぱりプラチナは遠すぎますね。これからも、無理に課金する必要はありませんが、面白そうなものは積極的に購入してインプットを増やしていきたいです。

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧