2022年に売れたAndroidスマホ1位はarrows We F-51B!Pixel 6aは3位に入れず【BCNランキング】

BCNは12月31日、「BCNランキング」日次集計データによる、2022年1月1日から12月11日のAndroidスマートフォン実売台数ランキングトップ10を公開しました。

2022年のトップはFCNTのarrows We F-51Bでした。2万円台のエントリーモデルとして2021年12月に発売され、上半期でも1位その後もトップ10に入れなくても近いところで売れ続けており、年間を通して売れた1台となりました。

arrows We F-51Bが2022年の1位

2022年1月1日から12月11日のAndroidスマートフォンの実売台数ランキングトップ10は以下のとおりです。

順位 機種 メーカー
1位 arrows We F-51B FCNT
2位 Reno5 A OPPO
3位 Galaxy A53 5G SC-53C SAMSUNG
4位 Pixel 6a(au) Google
5位 arrows We FCG01 FCNT
6位 Pixel 6a(Softbank) Google
7位 Galaxy A22 5G SC-56B SAMSUNG
8位 AQUOS wish SHG06 シャープ
9位 Libero 5G II(Y!mobile) ZTE
10位 AQUOS wish A104SH シャープ

2位はOPPO Reno5 Aでした。これは2021年6月発売の機種ですが、今でも後継機のReno7 Aと変わらないくらい売れ続けています。もちろん、家電量販店などの施策もあるのですが、長いですね。

7月の終わりに発売されたPixel 6aはその後かなり長い間1位を守り続けていたのですが、年間で見ると4位(au版)と6位(SoftBank版)となりました。昨年のPixel 5aもなかなか売れていたようですが、順調にGoogleのシェアが上がっているようですね。

ちなみに、今回のトップ10のうち、当サイトでレビューしたのは2位のOPPO Reno5 A、4位と6位のPixel 6a、8位と10位のAQUOS wishでした。半分でしかないですね…。売れそうな機種はもっとレビューしていきたいですね。

「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧