ソニー、Xperia 5 IV発表!充実の基本性能を幅67mmのコンパクトなサイズに凝縮

ソニーは9月1日、コンパクトサイズのプレミアムスマートフォン「Xperia 5 IV」を発表しました。

瞳AFをはじめとする高性能AFに対応し、最新のチップセットや5000mAhの大容量バッテリーなど充実の基本性能をコンパクトなサイズに凝縮したXperia 5シリーズの最新作です。日本を含む国・地域で発売予定で、速いところは9月上旬からの発売を予定しています。

Xperia 5 IV

  • Snapdragon 8 Gen 1
  • リアカメラは焦点距離16㎜(超広角)、24㎜(広角)、60㎜(望遠)
  • リアルタイム瞳AFに加え、5シリーズとしては初めて「リアルタイムトラッキング」に対応
  • 6.1インチ 21:9FHD+ 有機ELディスプレイ 120Hzリフレッシュレート
  • 輝度が前機種比で約50%向上
  • 5000mAh大容量バッテリー、ワイヤレス充電対応
  • 最新のBluetooth LE Audioに(アップデートで)対応
  • IP65/68 防水防塵

Xperia 5 IVはリアカメラに3つのレンズ(焦点距離=16㎜、24㎜、60㎜)を搭載しています。すべての焦点距離でリアルタイム瞳AFに対応し、また5シリーズとして初めて、より高精度に任意の被写体を追従しAFを合わせ続ける「リアルタイムトラッキング」に対応します。

ディスプレイは6.1インチでアスペクト比21:9の有機ELディスプレイ。輝度が前機種比で約50%向上し、明るい環境でもより見やすくなりました。

バテリーは5,000mAhの大容量を搭載。最短30分で約50%の急速充電が可能で、「いたわり充電」やゲーム中にシステムに直接給電する「HSパワーコントロール」などによりバッテリーへの負荷を軽減し、3年使っても劣化しにくい長寿命化を実現しています。また、5シリーズとしては初めてワイヤレス充電にも対応します。

前機種より幅が1mm縮んで67mmとさらにコンパクトになりました。フラットな形状の裏面は指紋がつきにくく見た目も美しいフロスト仕上げ。カラーはグリーン、ブラック、エクリュホワイトの3色です。

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧