Xperia 1 IV SIMフリーモデル9月16日発売!LANポート搭載の専用ゲーミングギアとセットのGaming Editionも10月14日発売

Sonyは9月12日、「Xperia 1 IV」の国内版SIMフリーモデルを9月16日に発売すると発表しました。また、Xperia 1 IV専用ゲーミングギア「Xperia Stream for Xperia 1 IV」、およびXperia 1 IVとStreamがセットになった「Xperia 1 IV Gaming Edition」も10月14日に発売されます。

Xperia 1 IVSIMフリーモデルのカラーバリエーションは「ブラック・アイスホワイト・パープル」の3色展開です。キャリア版は実装メモリが12GB、容量が256GBなのに対し、SIMフリー版は16GB、512GBと置き換わっています。また、SIMフリー版では5Gミリ派非対応になりました。ソニーストアの価格は174,900円です。

Xperia 1 IV

「Xperia 1 IV」は非光沢タイプの背面に、すりガラスを採用する上品なデザインです。側面はメタルフレームが囲みます。

24mm(F1.7)の広角レンズに加え、85mm(F2.3)〜125mm(F2.8)の望遠光学ズームレンズを搭載します。85mm〜125mmの焦点距離間での光学ズームに対応。

また、Sonyのミラーレス一眼カメラ「α」やコンパクトデジタルカメラの「CyberShot」など、カメラの製品群に位置するため、瞳AFなどの機能も実装されています。カメラレンズはすべて「ZEISS社」の物を採用。

画像はXperia 1 IIIのもの、同様のUIが採用されています

αのUIを踏襲したマニュアル撮影モードも実装されています。

主なスペック

CPU Snapdragon 8 Gen 1
RAM 16GB
ストレージ 512GB
外部メモリ microSDXC (最大1TBまで)
ディスプレイ 6.5インチ (4K) 21:9
有機EL/HDR対応/最大120Hz駆動
メインカメラ 超広角12MP(16mm) + 広角12MP(24mm) + 望遠12MP(85-125mm)
フロントカメラ 12MP
バッテリー 5000mAh
ワイヤレス充電/おすそわけ充電対応
サイズ 約165 × 71 × 8.2 mm
重量 約187g
生体認証 指紋(電源ボタン兼用)
防塵/防水 IP6X/IPX5/8
SIM nanoSIM/eSIM
対応バンド 5G:n3, n28, n41, n77, n78, n79
LTE:Band 1, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 21, 26, 28, 38, 39, 40, 41, 42
3G:Band 1, 5, 6, 8, 19
GSM:850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHz
その他 おサイフケータイ

Xperia Stream for Xperia 1 IV

「Xperia Stream for Xperia 1 IV」は「Xperia 1 IV」に装着し、冷却やグリップ性を向上させる専用ゲーミングギア(ケース)で、3.5mmジャックはもちろん、LANポートも搭載されています。その他は給電用のType-C端子とHDMI出力端子が搭載。ソニーストアの価格は23,100円です。

着用時の画像です。Xperia Streamの下から配線がいくつも伸びています。

「Xperia Stream for Xperia 1 IV」と「Xperia 1 IV」がセットになった「Xperia 1 IV Gaming Edition」もあります。ソニーストアの価格は189,200円です。

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis

自分の好奇心を満たすために行動してます!

行動(選択)基準はよくもわるくも「おもしろいか、おもしろくないか」になりがち。スマホはGalaxy Z Fold 3を愛用中。スマートウォッチはXiaomi Smart Band7、一眼レフはSIGMA fp Lというコンパクトな装備に落ち着いています。

最近はフォルダブル端末沼に…

⇨CloNisの記事一覧