OPPO、待望の10.3インチタブレットOPPO Pad Airを9月30日発売!

オウガ・ジャパンは9月27日、OPPOの日本向けとしては初となるタブレット端末「OPPO Pad Air」を9月30日に発売すると発表しました。すでに予約が始まっており、メーカー希望小売価格は37,800円です。

家電量販店やECサイトの他、MVNOではIIJmioが取り扱います。

OPPO Pad Air

  • 10.3インチ2Kディスプレイ
  • 薄さ約6.9mm、重量約440gの軽量薄型デザイン
  • OPPO独自の背面加工技術「OPPO Glow」の美しい背面
  • Snapdragon 680、4GB RAM、64GBストレージ
  • クアッドステレオスピーカー、Dolby Atmos対応
  • バッテリーは7,100mAh

OPPO Pad Airは日本向けとしては初となるOPPOのタブレット端末です。10.3インチの2Kディスプレイを搭載し、スピーカーは左右対称4か所に配置されています。これらにより高画質・高音質で動画や音楽などを楽しめます。

業界トップクラスの薄型軽量デザイン

OPPO Pad Airの背面パネルはアルミニウム合金で、OPPO独自の背面加工技術「OPPO Glow」を採用し、高級感のある質感を演出しています。指紋や汚れがつきにくく、繊細な輝きが特長です。

薄さは約6.9mmで、重量は約440gと、業界トップクラスの薄型軽量デザインです。

クアッドステレオスピーカー搭載

OPPO Pad Airは左右対称に配置された4つのスピーカー、クアッドステレオスピーカーを搭載します。これに加えて、映画館などでも採用される立体音響方式Dolby Atmosに対応しており、迫力のある低音や臨場感のあるサウンドを実現します。

必要十分なスペック

このほか、SoCにはQualcommのSnapdragon 680を搭載し、RAMは4GBでストレージは64GBです。ハイスペックというわけではありませんが、動画や音楽を楽しむ目的では十分でしょう。バッテリーは7,100mAhの大容量で、18Wの急速充電に対応します。

OS ColorOS 12 based on Android 12
CPU Snapdragon 680
RAM 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC (最大512GBまで)
ディスプレイ 10.3インチ 2000 x 1200 (15:9)
リフレッシュレート最大60Hz、タッチサンプリングレート最大120Hz
メインカメラ 約800万画素(F値:2.0)
フロントカメラ 約500万画素(F値:2.2)
バッテリー 7100mAh 18W急速充電
サイズ 約245.1 × 154.8 × 6.9 mm
重量 約440g
生体認証 顔認証
その他 クアッドステレオスピーカー

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧