Amazon、スタイラスペン付属の「Kindle Scribe」発表!読み書き一体型の次世代Kindle電子書籍リーダー

Amazonは9月29日、読み書き一体型の次世代Kindle電子書籍リーダー「Kindle Scribeキンドル スクライブ」を発表しました。Kindle史上で最も大きい10.2インチの高解像度300ppiのディスプレイを搭載し、スタイラスペン付きでKindleシリーズ初となる手書き入力が可能です。

価格は47,980円で予約を受付中、出荷開始は年内を予定しています。

スタイラスペン付属のKindle「Kindle Scribe」

Kindle Scribeは、Kindleシリーズ史上最大となる10.2インチ、解像度300ppiのディスプレイを搭載し、さらにKindleシリーズで初となるスタイラスペンが同梱されています。ペンを使うことで、電子書籍への手書き付箋の追加、PDF等の書類へのメモ書き、ノートやToDoリストの作成などが可能なデバイスです。

さらに、明るさ自動調整機能と光の反射を抑えた高級感のあるディスプレイの搭載により、文字や画像がくっきり大画面で表示され、まるで本物の紙のように読み書きが行えます。

同梱されるスタイラスペンは、「スタンダードペン」と「プレミアムペン」の2種類から選択できます。どちらのスタイラスペンもペアリングや充電は不要で、Kindle Scribe本体にマグネットで取り付けられるデザインです。手書き文字の太さの調整、マーカー、消しゴム、元に戻す、などの多様な機能も備えられています。

「プレミアムペン」にはカスタマイズ可能なショートカットボタンが搭載され、消しゴムやマーカー、付箋追加などの機能の割り当てが可能です。

ディスプレイ 10.2インチ反射抑制スクリーン、解像度300ppi、フォント最適化技術、16階調グレースケール
サイズ 196 mm x 230 mm x 5.8 mm
重量 433g
ストレージ 16GB/32GB/64GB
対応ファイルフォーマット Kindleフォーマット8 (AZW3)、Kindle (AZW)、TXT、PDF、保護されていないMOBI、PRCに対応。HTML、DOC、DOCX、JPEG、GIF、PNG、PMP は変換して対応
バッテリー 読書:1回の充電で最大12週間利用可能 (明るさ設定13、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合)
手書き機能:1回の充電で最大3週間利用可能 (明るさ設定13、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合)
充電ケーブル USB-C
カラー タングステン
 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧