Amazon、第11世代の「Kindle」と「Kindleキッズモデル」発表!小型軽量化しUSB-C採用、より高精細に

Amazonは9月13日、電子書籍リーダー「Kindle」と「Kindleキッズモデル」の新世代モデル(第11世代)を発表しました。これまでに比べ、よりコンパクトで軽量化し、解像度は300ppiの6インチディスプレイ、16GBに倍増されたストレージ、そしてUSB-Cの充電ケーブルを採用しています。

Kindle広告ありモデルが10,980円、広告なしモデルが12,980円、Kindleキッズモデルが12,980円で、予約受付中です。出荷開始は10月12日を予定。

よりコンパクトになった新世代Kindle

今回発表されたのは電子書籍リーダーKindleシリーズの中でもエントリーモデルにあたる機種です。第11世代の今モデルはディスプレイが6インチで解像度300ppi、前世代モデルの約3倍のピクセル数となっています。

フロントライトや明るさ調整機能、反射を抑えた紙のような読み心地はもちろん、今回のモデルではダークモードも搭載されます。

大きさは157.8×108.6×8.0mmで、重さは158gと、前世代モデルよりも軽量でコンパクトになっています。いつでも手軽に持ち出せます。

充電はこれまでのmicro USBからUSB-Cに変更になり、USB充電アダプター(9W)経由で約2時間で充電が完了します。1回のフル充電で最大6週間バッテリーの持続が可能です。

Kindleキッズモデル

新世代Kindleキッズモデルは新世代Kindle同様にコンパクトなボディに300ppiのディスプレイ、USB-C充電を採用し、最大6週間バッテリーの持続が可能です。

これに加え、Kindleキッズモデルは2年間の限定保証付き、さらに1,000冊以上の子ども向けの本が読み放題になる「Amazon Kids+」を1年間追加料金なしで利用できます。

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧