Nothing Phone (1)、日本国内で8月19日発売、10日より予約開始!63,800円から

Nothing Technologyは同社初のスマートフォンNothing Phone (1)を8月19日に日本国内で正式発売すると発表しました。また、8月10日より各販売店にて予約を開始します。

RAMとストレージで3モデルあり、価格は63,800円~です。

Nothing Phone (1)

Nothing Phone (1)は、900個のLEDで構成されたユニークな光のパターンで着信先やアプリの通知、充電状況などを知らせるGlyph Interfaceや透明な背面が象徴的なスマートフォンです。Android 12ベースで独自のNothing OSを搭載し、全体のデザインとエクスペリエンスを統一します。

カラーはホワイトとブラックの2色。RAMとストレージで8GB+128GB、8GB+256GB、12GB+256GBの3モデルあり、価格は以下の通り。

8GB RAM+128GB ROM 63,800円
8GB RAM+256GB ROM 69,800円
12GB RAM+256GB ROM 79,800円

販売はエディオン、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラといった家電量販店の他、Amazon、ひかりTVショッピング、Nothing公式サイトの各種ECサイトでも販売されます。MVNOではIIJmioとNTTレゾナントが取り扱います。実店舗では蔦屋家電+、KITH TOKYOでも販売されます。

また、Nothing Phone (1)本体の他に以下のアクセサリーも販売されます。

45W PD対応アダプター ホワイト 4,980円
Phone (1) ケース ブラック/クリア 2,980円
Phone (1) プロテクター 2,980円

※45W PD対応アダプターは公式サイト、KITH TOKYO限定。

予約受付開始となる8月10日より、KITH TOKYO、蔦屋家電+、​​取扱量販店の主要店舗にてハンズオン展示が行われます。実際に触って確かめたい方は、ぜひ行ってみてください。

OS Nothing OS(Android 12ベース)
SoC Snapdragon 778G+
RAM 8/12GB(LPDDR5)
ストレージ 128/256GB(UFS 3.1)
ディスプレイ 6.55インチ AMOLED, 2400×1080, 60〜120Hz対応, HDR10+
メインカメラ 5,000万画素広角(IMX766,OIS,EIS)+5,000万画素超広角(Samsung JN1)
フロントカメラ 1,600万画素
バッテリー 4,500mAh
充電仕様 33W PD3.0有線充電+15W Qiワイヤレス充電+5Wリバースワイヤレス充電
サイズ 約159.2 × 75.8 × 8.3 mm
重量 約193.5g
生体認証 画面内指紋認証、顔
防水防塵 IP53
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax、デュアルバンド、Wi-Fi Direct、ホットスポット
Bluetooth Bluetooth 5.2
対応バンド 5G:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78
4G:FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28
4G:TDD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41/B66
3G:UMTS(WCDMA):B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
2G:GSM:850/900/1800/1900
4×4 MIMO、5Gデュアルモード(SA,NSA)
その他 NFC対応(FeliCa不可)、3年間Android アップデート保証、4年間2か月に1回のセキュリティパッチ保証

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧