ExifからXiaomi 12S Ultraのようなウォーターマークを入れられるWebアプリ「sukashi」が面白い

スマートフォンで撮影した写真に、その撮影した機種名やシャッタースピードといった文字情報を加えられるWebアプリがテスト公開されています。よくある写真の左下に表示するものだけでなく、Xiaomi 12S Ultraの「Leica透かし」のようなスタイルもあるのが面白いです。

sukashi

このWebアプリはちーさまさん(@chiisama14)が作成しています。Xiaomi 12S Ultraのウォーターマークに触発されて作成したとのこと。また公開後の反応から、すでにいくつかの機能追加も行われています。

このWebアプリを使うと、上の画像のようにその写真のデータを自動で取得して表示してくれます。Pixelシリーズはカメラアプリにこういった透かしがないので便利ですね。機種名だけでなく、時間やシャッタースピードなども表示してくれるのも良いです。

いくつかスタイルが用意されており、Xiaomi 12S Ultraの「Leica透かし」のようなものもあります。(わかりやすいように影をつけてます。)

背景が黒になったものや

情報が縦に表示されるタイプもあります。

使い方

使い方は簡単です。まず以下のリンクからsukashiのページへ行きます。

右上のOPEN IMAGEをタップし、透かしを入れたい画像を選びます。すると自動でExif情報から機種名などが入ったプレビューが表示されます。

下部にあるTHEMEで表示スタイルを、EDITで表示する情報やフォントを変更します。機種名が型番(SC-51Cなど)になる端末もあるので、そういった場合はEDITEDIT MODELから自分で任意の名前を入力するといいでしょう。

右下のEXPORTをタップし、画像形式(jpgかpng)や画質、画像の大きさを選んでSaveをタップすれば、透かしの入った画像が生成されダウンロードされます。


自分の取った写真が、また違うように見えて面白いですよ。ぜひ試してみてください。

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧