SwitchBotキーパッド・キーパッドタッチが発売!パスコード入力、タッチなら指紋認証でもSwitchBotロックを操作可能!

SwitchBotは、7月4日、SwitchBotロックと合わせて使うことで、スマートフォン無しでロックを施錠/解錠できる製品「SwitchBotキーパッド」と、指紋認証に追加対応した「SwitchBotキーパッドタッチ」を発売しました。

SwitchBotキーパッドは4,980円、SwitchBotキーパッドタッチは7,980円です。

SwitchBotキーパッド

SwitchBotキーパッドは、スマートフォンや物理キーを使わずにパスワードで鍵を解錠できます。また、施錠ツールとして付属のICカードを使用することも可能です。

パスワードによる解錠速度は2秒以内で、ランダム生成にも対応しています。有効期限を設定したワンタイムパスワードも作成できるため、家事代行サービスなどを利用する際に活用できます。また、紛失の可能性から、子どもに物理キーを持たせたくない場合にも、SwitchBotキーパッドは有効です。便利性と物理キーを上回るセキュリティを両立させたい方に適しています。

工事不要!2種類の取り付け方法で簡単に後付け

取り付け方法は、粘着テープを使う仕様とネジで固定する仕様の2種類。設置工事は必要なく、ドアや壁、引き戸など様々な場所に簡単に取り付けられます。一戸建て・賃貸にかかわらず、防犯性が低い鍵付きの住戸ドアのセキュリティ強化に役立ちます。

操作ログを保存!

ドアのアクションが発生するたびにログ情報が保存されるため、例えば子どもがいつ家に帰ったのかなど、誰がいつ鍵を操作したかを常にアプリから確認できます。また、SwitchBotハブミニと連携することで、アクションがあるたびにプッシュ通知を受け取ることも可能です。

低バッテリーになると1日3回通知!

低バッテリー状態になると、アプリに通知が届きます。また、パネルに赤いバッテリーマークが表示され1日3回警告ブザーが鳴るため、バッテリー交換のタイミングを見逃しづらくなっています。低バッテリー状態から、約1週間使用できます。

SwitchBotアプリでアクセス権を管理!

SwitchBotアプリで操作すれば、必要なときに必要な人だけにアクセス権を付与できます。解錠
に必要なカード・パスワードはアプリ上で編集したり無効にできるため、ICカードを紛失した際や、第三者と一時的な鍵を共有したいときにも便利です。

IP56の防水防塵!

防水防塵はIP56を取得。外でも安心して使えます。

安心のセキュリティ

安全性を確保するため、パスワードまたは指紋解錠で5回連続間違えると、自動的にロックされます。第三者が誤ったパスワードを入力した場合などに、不正な解錠を防ぎます。

また、6桁の正しいパスワードの前後に番号を自由に付け足して、20桁までの仮想パスワードを設定できます。仮想パスワードによって本当のパスワードを保護できるため、パスワードが漏洩してしまう心配もありません。また、緊急パスワードは10組まで設定できます。SwitchBotハブミニと組み合わせれば、緊急時特定の人へ通知を送ることも可能です。

操作するとバックライトが点灯!

タッチすると、バックライトが点灯。暗闇での操作をサポートしてくれます。

安心の長期間持続バッテリー

「SwitchBotキーパッド」と「SwitchBotキーパッドタッチ」は、リチウム電池(CR123A)2本で駆動。例えば満充電の状態で3人家族が1日1人3回使用した場合、およそ2年間使用できるため、バッテリー交換の手間を最小限にしコストを削減できます。

SwitchBotキーパッドタッチ

SwitchBotキーパッドタッチは、SwitchBotキーパッドに指紋認証機能が追加された製品です。指紋は最大100個登録できるため、家族全員の指紋も問題なく登録できます。

SwitchBotキーパッド/キーパッドタッチのスペック

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
でじぃ
病気療養中のガジェットオタク。基本はTwitterにいます。私の執筆した記事は私個人の意見です。ご依頼などあれば、ご連絡はTwitterのDM(これが一番早いと思います)か、digitalkcct@gmailどっとこむ(どっとこむ→.com)まで宜しくお願いします。
⇨でじぃの記事一覧