KDDI、au回線の通信障害について、お詫びと返金などを説明

KDDIは7月29日、7月2日に発生した通信障害について、状況や原因、返金などを説明しました。

通信障害の影響時間は7月2日 (土) 1:35~7月4日 (月) 15:00 (61時間25分)で、影響数は音声:約2,278万人、データ通信:765万人以上となっています。

ユーザーへの返金

通信障害にともない、契約約款に基づく返金と、通信障害のお詫びとして返金があり、合計で73億円程度(沖縄セルラーを合わせると75億円)になります。

契約約款に基づく返金

対象の方 271万人 (KDDI) 7万人 (沖縄セルラー)
通信障害期間中、24時間以上連続して全ての通信サービスを利用できなかった方(音声通信サービスのみを契約の方)
対応内容 契約の料金プランの基本使用料等の2日分相当額を請求額から減算

通信障害のお詫びとして返金

対象の方 3,589万人(KDDI) 66万人 (沖縄セルラー)
通信障害期間中にスマートフォン、携帯電話およびホームプラス電話を契約していた全ての方
対応内容 請求額から200円 (税抜) の減算
※povo2.0は基本使用料が0円であることから、返金に替えてデータトッピング (1GB/3日間) を進呈

200円という数字の根拠は、約款返金の1日分の平均額が52円、61時間で3日分=156円にお詫びの意味も込めて200円、ということだそうです。

返金に関する案内

今後の返金の案内については、以下の通り実施されます。

7月29日 返金 (約款返金・お詫び返金) 内容の発表、KDDIホームページへの掲載
7月30日~ 新聞各紙にて返金内容を案内
8月中旬以降 対象のユーザーが確定。順次SMSで案内を開始

  • ホームプラス電話を利用等でSMSを受信できない方、法人には、8月利用分 (9月請求分) 以降の請求書で確認してください。
  • KDDIから返金に関してのSMS本文にはリンクURL、お客さま情報の入力を求める記載はありません。KDDIからのお知らせを装った偽メール・偽SMSにご注意ください。
9月以降 請求額から返金額を減算

通信障害の原因や再防止策などはKDDIのページや会見の動画をご覧ください。

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧