OPPO Reno7 Aをお借りしたのでまずは外観を紹介!「OPPO Glow」の背面が大人な雰囲気でカッコいい!

6月16日に発表されたOPPO Reno7 Aの実機をお借りすることができました。発売前の端末ですが、これから1週間程度じっくりと触ってみたいと思います。

まず今回は外観写真を撮ってみたので紹介します。側面フラットで厚さ7.6mm、重さ175gと薄く軽いですが、背面の質感もなかなか良くてカッコいいですよ。

OPPO Reno7 Aの外観を紹介

正面から。持つこと自体は持ちやすいです。パンチホールは左上。下側のベゼルが他に比べると若干太めですね。

背面。カラーはスターリーブラックをお借りしました。OPPO Reno7 Aの背面は「OPPO Glow」という独自加工がされており、まっすぐ見るとメタル的な雰囲気ですが、光が当たると星空のような輝きが出てきてカッコいいです。

マットな質感なので指紋も付きにくくなっています。サラサラしており、何の気なしにさわさわしてしまいます。

右側面に電源ボタン。

左側面に音量ボタンとSIMスロットです。

SIMスロットは片方がMicroSDカードと排他になっています。

下側にイヤホンジャックとUSBポート、スピーカーです。

うん、やっぱり背面がカッコいいですね。Reno Aシリーズの今までの端末に比べると高級感があります。オトナな雰囲気ですね。

OPPO Reno7 Aのディスプレイは約6.4インチで端末サイズは約159.7 × 73.4 × 7.6 mm、重量は約175gです。思っていたよりも軽いですね。なんとなく(他社製品ですが)Mi 11 Lite 5Gを思い出しました。ああいった「板感」があります。


今回は時間がないのでここまで。またしっかりと触ってみて、中身の紹介やカメラの撮影例など載せていけたらと思います。

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧