Googleマップに都市をリアルに再現する機能「Immersive view」が追加予定

Googleの開発者向け会議「Google I/O 2022」にて、Googleマップの新機能がいくつか発表されました。そのうちの1つ「Immersive view」では、都市をリアルに再現します。こういう機能はマシンスペックを要求されることが多いのですが、なんとほぼ全ての端末で動作するようです。

Immersive view

今回発表された「Immersive view」は何十億枚もの航空写真と街並みの写真をAI処理にかけ、3Dで出力することにより、その場所を再現するというものです。

たとえば、ロンドンに行き、ウェストミンスターンにいくとします。「Immersive view」に入ることで、観光スポットの情報、天候の変化、朝と夜でどう雰囲気が変わるのか、混雑状況が色覚情報でされたりと、様々な情報が一目瞭然。それだけでなく、近くのレストランをチェックしたり、店内の雰囲気もみれます。

今年の後半から、世界の一部都市(東京も含まれます)を確認できるようになるそうです。順次、エリアを増やしていくとのこと。

icon-orefolder

これを見たとき、あまりにもリアルすぎて驚いてしまいました。実装がめちゃくちゃ楽しみです。

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
自分の好奇心を満たすために行動する大学生! 行動基準はよくもわるくも「おもしろいか、おもしろくないか」になりがち。スマホはGalaxy Z Fold 3を愛用中。スマートウォッチはWena3、一眼レフはSIGMA fp Lというニッチでコンパクトな装備に落ち着いています。最近は出先での執筆環境を探求中です
⇨CloNisの記事一覧