AQUOS R7 発表 – 新型1インチセンサー搭載でAF改善、ドコモ版でも「eSIM+デュアルSIM」に対応

シャープは5月9日、フラグシップモデル「AQUOS R7」を発表しました。前モデルのR6に引き続きライカカメラ社監修のカメラを搭載し、より本格的な撮影体験が楽しめます。

R6からの主な変更点として、新型の1インチセンサーを採用、オートフォーカス速度が2倍に向上、本体容量が128GB→256GBなどが挙げられます。

AQUOS R7

AQUOS R7の主な特長

  1. 1インチイメージセンサーを搭載したライカカメラ社監修のカメラがさらに進化当社従来機比で集光量が約1.8倍、 AF速度が約2倍に向上
  2. 1Hz-240Hzで駆動する当社独自のOLEDディスプレイ「Pro IGZO OLED」を搭載AIによる超解像技術やフレーム補間により、 高精細でよりなめらかな表示を実現
  3. 5GのDual Connectivityに対応し、 AQUOS史上最高速の通信速度を実現

発表会に出てきた本体を見る限りディスプレイはフラットディスプレイになっているようです。

また、SIMフリーモデル以外に、ドコモ版でも「eSIM+デュアルSIM」に対応します。

新型1インチセンサー採用でフォーカス速度向上、焦点距離も約12cmまで寄れる

AQUOS R7はR6と異なる1インチセンサーを採用することでオートフォーカス速度が2倍に、そして12cmまで寄れるようになりました。独ライカと共同開発したとのことです。

センサーの更新に伴い、画素数も2,020万画素から4,720万画素に向上されています。

レンズも独ライカと共同開発の「ズミクロン」を搭載しています。

ポートレート用の測距用センサーを搭載し、ナイトポートレート撮影などを強化しました。

ちなみに、AQUOS R7から追加される一部の機能は「AQUOS R6」でも更新で使用可能になるとのことです。これが含まれているかどうかはまだわかりませんが…。

5G SA方式(スタンドアロン)に対応

5G SA方式にも対応し、高速通信を実現します。ただし、5G SA方式を個人向けに展開している通信事業者は現段階ではなく、実用的になるのはまだ先になりそうです。

スペック表

OS Android 12
SoC Snapdragon 8gen1
RAM 12GB
ストレージ 256GB
外部メモリ microSDXC (最大1TBまで)
ディスプレイ 6.6インチ 1,260×2,730 (WUXGA)
メインカメラ 4,720万画素
フロントカメラ 1,260万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 未発表
重量 未発表
対応バンド 5G:n3/n28/n77/n78/n79/n257
4G:1/2/3/4/5/7/8/11/12/17/18/19/21/25/26/28/38/39/40/41/41

ドコモ版とソフトバンク版に差異はなし。キャリア毎に対応バンドが違うこともありません。

カラーは2種類。

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
自分の好奇心を満たすために行動する大学生! 行動基準はよくもわるくも「おもしろいか、おもしろくないか」になりがち。スマホはGalaxy Z Fold 3を愛用中。スマートウォッチはWena3、一眼レフはSIGMA fp Lというニッチでコンパクトな装備に落ち着いています。最近は出先での執筆環境を探求中です
⇨CloNisの記事一覧