ThinkPad X1 Nanoへ機種変更しようとしたら前の購入が近すぎて新規契約になった話

ドコモにてThinkPad X1 Nanoというノートパソコンに機種変更しようとしたのですが、できませんでした。理由は「前回の割賦購入から半年間が経過していないから」です。

「機種変更」はできませんでしたが、紆余曲折あったのもの無事にX1 Nanoを契約できました。その流れをお伝えします。

ThinkPad X1 Nano

今回契約してきた「ThinkPad X1 Nano」は5G通信対応のノートパソコンです。939gと軽量で持ち運びやすい点が魅力です。SIMが入るからなのか、ドコモでも「タブレット・ノートパソコン」のカテゴリで販売されています。

ThinkPadシリーズのアイデンティティといっても過言ではない「トラックポイント(赤い丸)」を搭載しています。トラックポイントを使うと、キーボードから手を離さずにマウスカーソルの操作が可能です。この快適さに慣れてしまうと他のキーボードが使えくなってしまう、という人もいますね。

さらに、ディスプレイもWQHDと高解像度なものを採用しています。説明はこれくらいにして、本題に入っていきましょう。

ドコモショップにて

ThinkPad X1 Nanoは完全に受注制で、店頭に在庫がなく、取り寄せる必要があります。取り寄せの電話や在庫の確保「まで」は難なく完了しました。

そんなこんなで、取り寄せた店舗に来店し、契約手続きを行おうとしたところ予期せぬ自体が。

icon-orefolder

分割の審査に通らなくて……。
icon-orefolder

え?どうしてですか?
icon-orefolder

前の分割を組んでから半年が経っていないと新規の割賦購入はできないんですよね…

え?端末の分割を組んでから半年が経過しないと新規割賦はできない?筆者はこのとき、そのことを初めて知り呆然。でも、機種変更がダメなだけで、新規契約なら行けるんじゃないか?と思い、確認したところ…。

icon-orefolder

新規なら行けるんですか?
icon-orefolder

はい、いけますよ。
icon-orefolder

ならそれでお願いします

という流れで、新規契約にしたところ無事に審査が通り、X1 Nanoを入手しました。新規契約にあたって、割賦購入の審査とは別に「3回線以降の開通審査」という、店員さん曰く厳しい審査があるらしいのですが、無事に通過。

X1 Nanoどうなの?って方もいらっしゃるかと思うので、軽く感想を書いておきます。

ThinkPad X1 Nano
  • 軽い、とにかく軽い
  • キーストロークは浅いけど許せる
  • トラックポイント最高
  • 指紋認証便利

なぜドコモで購入したのか?

ThinkPad X1 Nanoはドコモ専売というわけではなく、Lenovoの公式サイトでも販売されています。なぜドコモで購入したのか?というと、その理由は「納期が早い」に尽きます。

Lenovoの直販を見ると、X1 Nanoの納期は2ヶ月以上と表示されています。それに対し、ドコモの場合はオンラインショップだと納期3日(筆者の場合は店頭に取り寄せたので1週間)と、圧倒的に早いです。

しかも、「いつでもカエドキプログラム」を使うと143,616円で2年間使えます。元値が233,974円、90,358円安く2年間使える計算です。どう捉えるかは人によりますが、筆者はアリだと思います。

また、筆者は元々「5G ギガホプレミア」を契約しているので、X1 Nanoは月額1,100円でデータ量をシェアできる「5Gデータプラス」で契約しました。

これで全国各地、よほどの僻地や秘境でない限りは快適にインターネットに接続できます。テザリングで解決する問題ではありますが、やっぱりSIMを挿れて使いたくなるもの。完全に独立しているのがいいんですよね。

…ガジェットや回線好きならではの理屈を色々と出してみたものの、結局は筆者の大学で対面授業が再開したから「軽いノートPC」がすぐに欲しかった。これに尽きます。

もちろん、ほかの選択肢もありました。でも、高校生の時にThinkPad X250→ThinkPad X1 Carbon Gen5と、ThinkPadをずっと使ってきたから「トラックポイント(キーボードの中心にある赤丸)がないと不便でX1 Nanoを選んだんですよね。もう他のノートパソコンは使えません。

色々とありましたが、無事に入手できてよかったです。これから使い倒していきます。

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
自分の好奇心を満たすために行動する大学生! 行動基準はよくもわるくも「おもしろいか、おもしろくないか」になりがち。スマホはGalaxy Z Fold 3を愛用中。スマートウォッチはWena3、一眼レフはSIGMA fp Lというニッチでコンパクトな装備に落ち着いています。最近は出先での執筆環境を探求中です
⇨CloNisの記事一覧