hohem V2 3軸 スマホジンバルレビュー:AIによるフェイストラッキング対応、初のジンバル、楽しい!

hohem様からiSteady V2、スマホジンバルをレビュー用に提供していただきました。V2はAI認識によるフェイストラッキングに対応し、人物撮影中に顔が撮影範囲外にいきそうになっても「ジンバルが勝手」に追いかけます。また、フィルター機能を使えば雰囲気満載の動画も撮影できますよ!

  • フェイストラッキング対応
  • ハンドジェスチャー操作に対応
  • フィルターを通して撮影するのが楽しい
  • ジンバル初心者にも扱いやすい

hohem iSteady V2

スマホにV2を装着して撮影に出かけます。

持ち運ぶときは折りたためます。

スマホを固定している部分を動かすためのスティックや、ズームイン・アウトの操作、撮影や本体の向きを回転するボタンがついています。

本体上部にはトラッキング用のカメラが載っており、顔の追従やジェスチャーでジンバル本体を操作するのに使います。

付属品は専用ポーチ、USB Type-Cケーブルに冊子類、机に固定用の三脚です。

撮影やペアリング、設定は専用アプリ『Hohem Pro』から

Google playHohem Pro
Hohem Pro
制作: Hohem
価格: 無料

ダウンロード

V2は専用アプリの『Hohem Pro』を使って撮影、ペアリングなどの各種設定を行います。

初回設定時には『iSteady V2』と表示され、「接続」をタップすればペアリングが完了します。設定画面からのペアリングは受け付けず、専用アプリからの接続のみなので注意が必要です。

全体的なUIは設定項目が多いくらいで「操作性/視認性」は良好です。普段からカメラアプリに触れていれば、直感で「なんとなくわかる」ところでしょうか。一部の設定項目には専門用語が含まれるので、普段からこういった物に触れないひとには、少し難解な表現に感じるかもしれません。

動画の解像度やフレームレートなども細かく指定できます。他には、ジョイスティックの感度変更なども可能です。

実際に撮影してみた

実際に撮影してみました。スマホの動画撮影だと手ブレ補正があっても振動時や向きを変えたときにどうしてもブレてしまいますが、V2ならブレとは無縁にスイスイと滑らかに動くのでキモチイイです。

最後の方はわざと揺らしたりしてみましたが、それでもこの程度で済んでます。

フィルターをつけて撮影も可能

フィルター機能も搭載されていて、シーンに応じた雰囲気で動画撮影できます。

筆者にとって初めてのジンバルですが、このフィルター機能は極めてよく、動画を撮るのが楽しいです。下の動画は「Sweet」というフィルターをつけて撮影しました。肉眼で観る桜と違ってファンタジックな感じでおもしろいですよ。

どうでしたか?動画でのフィルター機能は普通のスマホのカメラアプリでも搭載されているものがあります。ただ、正直、あまり使うことはなく、興味が湧かないポイントでした。

しかし、V2でフィルターをかけて撮影した動画を見てから、「これはおもしろいな」と興味が急騰。正直、スマホ手持ちでフィルターをかけても「想像したような動画」は撮れないので、ジンバルと組み合わせて撮るのがベストかな?と思っています。

LG WINGやVivo X70 Pro+など、一部の変態スマホにはジンバル機能がついているので、それら1台完結させるてもいいのですが、やはり専用機材を使ったほうが操作や細かな調整が行いやすいです。それにしても楽しい。

フェイストラッキング対応、顔が動くと自動で追いかけてくれる

動画のようなフェイストラッキングにも対応しており、顔が動くと自動で追従します。TikTokerなどの、顔出し動画を撮影する人たちにとっては重宝する機能なのではないでしょうか。

フェイストラッキング以外にも「ハンドジェスチャートラッキング」にも対応し、親指を「グッド」の形にしてくるっと曲げると、ジンバル本体が回転して縦・横の向きを切り替えられます。

初めてのジンバル、意外とたのしいぞ?

初ジンバルでしたが大満足でした。

使う前は、漠然と気になるものの何に使ったらいいんだろう?と思っていましたが、実際に使ってみると「あ、こういうことができるんだ」と未知の体験を楽しめました。そして、もっと動画を撮りたい!ジンバル使うの楽しい!といった感情が湧き、取り憑かれてしまいました。

撮影の幅が広がるというか、手持ちだと厳しいような動画まで楽に取れてしまうのは、もっと色々と試したくなります。実際に使ってみるとおもしろいですよ、ジンバル。

今回提供していただいた『iSteady V2』は筆者みたいな初心者でも十分に扱えました。機能が多すぎてまだまだ使いこなせてるとは言い難いですが、今後もっと使ってみたいと思います。hohem様、ご提供ありがとうございました。

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
自分の好奇心を満たすために行動する大学生! 行動基準はよくもわるくも「おもしろいか、おもしろくないか」になりがち。スマホはGalaxy Z Fold 3を愛用中。スマートウォッチはWena3、一眼レフはSIGMA fp Lというニッチでコンパクトな装備に落ち着いています。最近は出先での執筆環境を探求中です
⇨CloNisの記事一覧