YouTubeの広告を回避できる改造アプリのVancedが開発・配布を終了

広告回避やバックグラウンド再生できるYouTubeの改造アプリ『Vanced』の開発元が、開発の継続、提供が困難になり、同アプリのダウンロードリンクも削除すると発表しました。

Telegramではこれが「法的」な理由によるものだと説明されています。

すでにダウンロードリンクは削除済み

上のツイートでは今後数日でダウンロードできなくなるとしていますが、執筆時点ですでにVancedのダウンロードリンクが削除されています。

Vancedは広告の回避、バックグラウンド再生などYouTube Premium相当の機能が無料で使える改造アプリです。元々は「YouTube Vanced」の名前で開発、運営されてました。最近になり名称が「Vanced」に変更され、ロゴや説明文からも「YouTube」に関する言及が削除されています。

なお、すでにインストールして動いてるものについては、今後2年ほどはそのまま使えるとしています。

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
自分の好奇心を満たすために行動する大学生! 行動基準はよくもわるくも「おもしろいか、おもしろくないか」になりがち。スマホはGalaxy Z Fold 3を愛用中。スマートウォッチはWena3、一眼レフはSIGMA fp Lというニッチでコンパクトな装備に落ち着いています。最近は出先での執筆環境を探求中です
⇨CloNisの記事一覧