Innocn 4K OLEDのモバイルモニター レビュー:4K/OLED/DCI-P3でタッチ操作対応のモバイルモニター!5000mAhのバッテリー搭載で写真の編集な度に最適

InnoCN様より4K/OLEDのモバイルモニターをレビュー用に提供していただきました。ありがとうございます。

このモバイルモニターは4K/OLEDなだけではなく、最大10点のタッチやDCI-P3まで対応。応答速度は1msと超高速で5000mAhのバッテリーを搭載しています。「モバイル」モニターということで、室内運用だけでなく、旅行先でも使ってみました。モニターとしての美しさ、そして「モバイル」としての利便性はどうなのか?レビューします。

良いところ
  • 4K/OLED/タッチ操作/DCI-P3対応
  • 5000mAhのバッテリー搭載
  • 15.6インチの大画面
イマイチなところ
  • mini HDMI採用

第1印象:息を飲んでしまうほどに鮮やか

真っ先に感じたのは画面が「鮮やか」だということ。「あぁ、キレイだなー」ではなく、「これはヤバい!美しすぎる!」と思わず口に出てしまうほど。正直、4K/OLEDとはいえ、こんなもんだろうなというのを予想していたのですが、期待を裏切られました。

背面はシルバーのみ。シンプルでかっこいい。

このモニターにはスタンド件ケースが付属しており、なんと横・縦の両方で自立できます。あまり見かけないタイプですが縦画面表示を使うゲームやブラウジング、SNSなどをするのに便利そうです。

画面は光沢でかなり反射します。気にする人は要注意です。

搭載端子はType-C×2、mini HDMI×1。普通のHDMIを採用してほしいところでしたが、モバイルモニターなのでminiのほうがいいのかもしれません。

mini-HDMI to HDMIが標準で付属しており、ケーブルを別途用意しなくてもいいのは良心的。その他はデータ転送用と給電用のC to CケーブルにACアダプター、上記のケースと冊子類が付属。(冊子類とケースは写真にはありません)

モバイルモニターだが気軽に持ち運ぶのはややハードルが高い

さて、モバイルなだけあって、出先に持ち運んで使ってみました。実測したわけではありませんが、カタログスペックによると本体重量は950gと1キロ近くあります。ここにノートPCを足したら2kg~3kgでしょうか。単体で持ち運ぶとしても、ちょっと気軽には持ち運べません。

Galaxy Z Fold3と接続して使ってみる

モバイルモニターの使い方は幅広くありますが、Galaxy Z Fold3と接続しSamsung DeXモードにて使用してみました。この機能はスマホを外部ディスプレイに接続することでPCのように使えるというもので、タッチ操作にも対応します。

解像度が上がるということは、当然ながら文字サイズも小さくなります。使えなくはないのですが、拡大したほうが使いやすそうですね。とはいっても、表示領域が広いので情報量が増えるのはいいところ。

もちろん、DeXモードではなく、普通にスマホの画面も出力できます。Galaxy以外のスマホとも接続可能ですが、対応端末は少なめです。(Amazonの商品ページを参照してください。)ノートPCのサブディスプレイとしてや、Nintendo Switchなどの家庭用ゲーム機と接続することも可能です。

ブルーライトカット機能や各種調整にも対応。…アレ?よくみるとWQHDで出力されています。どうやらSamsung DeXがWQHDまでの出力しかサポートしていないようです。あー…。環境が…。

Xbox Cloud Gamingで遊んでみる

大画面でゲームも楽しめます。この日、筆者は新幹線で移動したのですが、移動時間にやることがなく暇だったので「Xbox Cloud Gaming」で遊んでいました。

Xboxも含め、スマホのゲームだと高解像度に非対応?それともDeXの互換性の問題?なのか解像度が荒くなりがちで、プレイに支障はなくてもモヤモヤしてしまいます。

大は小を兼ねるといった意味でゲーム「も」遊ぶ方ならいいと思いますが、最初からゲーム目的で購入する方にオススメはできません。もちろん、外出先で4Kのハイクオリティで遊べる環境があるのなら話は別です。

ただ、相性の問題を抜きにすれば大画面OLEDでのプレイは非常に快適です。モバイルモニターはLCDの物が多い印象でしたが、OLEDだと鮮やかさが断然に違います。特に、絵の色調にこだわったようなゲームとの相性がよさそうです。

4K動画の試聴

4K動画の視聴はどうだ?と試してみましたが、これもかなりいい。前述したように鮮明で息を飲んでしまいます。ただ、実際のところは4Kで出力されていないので、あくまでも雰囲気とOLEDの発色を楽しむということで…。ちなみに画面に映っている猫はmocha池袋西口店にいる花ちゃんです。

ちなみに、4K動画は筆者の契約している動画配信サービスにはあまりなく、普通に動画を視聴するのに使っています。OLEDの時点で普通にキレイですからね。

意外にも画像編集が快適

4K/OLED/タッチパネルのハイエンドなモニターとはいえ、やってることは下位のモデルでも問題ないことばかり。高解像度が売りではありながらも、このモニターの力を発揮できているようには感じません。提供してもらったのだし、もうちょっと「らしい」使い方をしたいところ。

ふとひらめいたのが写真の編集です。4K/OLED/タッチパネルの時点でもう最適レベル。Snapseedにて編集してみたのですが、大画面だし鮮明、なによりもタッチパネル直感的に操作できてよかったです。

価格的にもニッチ向けなアイテム

正直、用途が明確でないと宝の持ち腐れになるでしょう。もちろん、8万5990円は気軽に手を出せるものではありませんよね。諸々考慮するとニッチな製品であることは否めません。万人に勧められるか?と言われたら正直いって無理です。だけども、用途が明確で「こんな製品を探していた!」という方にとっては、この上なく宝になること間違いないでしょう。

実際に筆者は旅先で使用し、写真などの創作物を惜しみなく作るのに役立ちました。創作物を日常的に制作している方には、もしかすると最適かもしれません。

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
自分の好奇心を満たすために行動する大学生! 行動基準はよくもわるくも「おもしろいか、おもしろくないか」になりがち。スマホはGalaxy Z Fold 3を愛用中。スマートウォッチはWena3、一眼レフはSIGMA fp Lというニッチでコンパクトな装備に落ち着いています。最近は出先での執筆環境を探求中です
⇨CloNisの記事一覧