ahamoのおすすめポイントまとめ:速度・データ量・5分かけ放題、すべて揃ってるのが悩まずに楽

毎月のスマホ料金が高いから格安SIMに興味あるけどよくわからない、格安SIMにしたけど昼にネットが遅くなってしまって辛い。どちらもよくあることです。

今やキャリアの選択肢も格安SIMもたくさんある時代です。その中であまり考えなくてもしっかり使えるおすすめの一番はNTTドコモのahamoです。そろそろ始まってから1年が経とうとするahamoを、今一度振り返っておすすめポイントをご紹介していきます。

ahamo
公式サイトはこちら >

ahamoをすすめる3つのポイント

最近のキャリアの通常のプランはデータ量が無制限など、かなり必要以上だったりしますよね。でも安い格安SIMでは、お昼などの混雑時間帯に速度が遅くてまともに使えないなんてこともあります。

そのあたりをahamoはうまいこと解決してくれるのです。

ahamo 3つのおすすめポイント
01
いつでも速い
お昼の混雑時間帯でもいつでもドコモ品質の通信速度
02
かけ放題付き
国内通話5分無料があるから通話も気にしない
03
ドコモの端末が予約できる
新しい端末もすぐに予約で買える

ahamoのおすすめポイントはいくつもありますが、中でも私が特に良いと思うポイントがこの3つです。それぞれ詳しく解説しましょう。

01
昼も含めてちゃんと速いドコモ品質

大抵の格安SIMは安い代わりに昼休みなど混雑時間帯はかなり通信速度が遅くなってしまいます。ですがahamoはあくまでドコモのプランの1つなので、ちゃんとドコモの速度のままです。

当サイトでは毎月2回、格安SIMの速度測定を実施しています。上図は平日の朝7時から夜23時まで1時間ごと(昼12時台は10分ごと)に速度測定した結果(2022年2月後半)です。昼はむしろ速度が上がっているんですね。

ある程度は地域性がありますが、ほかの速度測定サイトの結果を見ても、ahamoは昼も含めて常に速いです。なので格安SIMにありがちな速度低下の心配はありません。

02
5分かけ放題が含まれる

ahamoは国内通話5分かけ放題が含まれています。これが意外と便利なんですね。

もちろん、他社のプラン等にも別オプションでかけ放題があったり、それを足しても料金的にはそう変わらないこともあります。ただ、別オプションで付けてると、電話をそれほど使わなかったときになんだか損した気分になってしまいます。最初からプランに入っていれば、その当たりは考えなくて済むので楽です。

「あまり電話しないからかけ放題があっても…」と思っていたこともありましたが、それでかけ放題なしにしていると、通話料が微妙に加算されてその上下にヤキモキしてしまう…なんてこともありました。

やっぱり、料金に最初から含まれているというのが精神的に楽なんです。

03
ドコモの端末が予約できる

こういうところでメリットとして挙げられることは少ないのですが、ahamoの契約があればドコモオンラインショップで新端末の予約ができます。

普通に購入するだけだったらドコモの回線契約がなくても可能ですが、発売前の新端末の予約まではできません。新しい端末が好きな人など、発売前に予約して確実に手に入れたい場合にはahamoの回線があると非常に便利です。

ahamoのプランと料金

ahamoはドコモのプランの1つです。なのでahamoとしてのプランも、月額2,970円の1つです。これに20GBのデータ通信量、かけ放題、国際ローミングまで含まれています。

基本料金 2,970円
データ容量 20GB
超過後の速度最大 1Mbps
国内通話料金 5分無料超過後22円/30秒
海外ローミング 20GBまで無料(国内利用と合わせての容量上限)
データ量チャージ 1GB/550円
事務手数料 0円

ahamoの料金をdカードで支払うと、データ通信量が追加でもらえます。

dカード +1GB/月
dカードGOLD +5GB/月
icon-orefolder

格安SIMに比べると少し高めの料金設定となりますが、「データ容量20GBで昼も快適な速度、5分かけ放題付き」と考えると十分に安いですね。

20GBあれば大抵の人は十分です。そんなに使わない、という人でも余裕を持って特に考えずとも十分なほうが精神的に楽です。

オプション

このほか、通常のドコモと同じオプションなどもあります。

かけ放題オプション 1,100円
ケータイ補償サービス 月額料金550円 ~ 1,100円
(機種により月額料金が異なります。)
あんしんセキュリティ 月額使用料220円
あんしん遠隔サポート 月額使用料440円
フィルタリングサービス 月額使用料無料
d Wi-Fi 月額使用料無料
ドコモメール持ち運び 月額料金330円

気になる点としては、留守番電話サービスに対応してないところでしょうか。その他、ドコモなどと比較して使えるもの、使えないものについては注意が必要です。

今なら乗り換えでdポイント1万ポイント

MNPでahamoに乗り換える場合、dポイントが10,000ポイントもらえるキャンペーンも開催中です。(要エントリー)

期間中にキャンペーンサイトからエントリーのうえ、エントリー翌月末までにahamoオススメ機種のiPhone11もしくはXperia 1 II SO-51Aを購入、もしくはSIMのみを契約し、開通手続き(利用開始の手続き)を完了すると対象になります。

また、1周年記念のキャンペーンも開催中で、抽選で2,970名にAmazonギフト券10,000円分が当たります。エントリー期間は3月1日から3月20日まで。

まとめ:悩みたくないけど安いのがいいならahamo

繰り返しになる部分もありますが、ahamoの良いところ、イマイチなところをまとめてみます。

ahamoの良いところ
  • 昼でも速度が落ちない通信品質
  • 余裕ある20GBのデータ容量
  • 5分かけ放題が含まれる
  • 国際ローミングもOK
  • ドコモオンラインショップで新製品の予約ができる
  • キャリアの大容量より安く、格安SIMより安定した速度
イマイチなところ
  • 格安SIMに比べると高い
  • 20GBが余裕ありすぎる人もいる
  • 留守番電話がない
  • 基本的にサポートはオンラインのみ

人によって向いてる向いてないはあります。オンラインでしかサポートが受けられないというのは大きいですが、ネットを使ってこのページを読める人であれば大丈夫でしょう。自分で調べるよりも人に聞いたほうが早い、というタイプの人は向いてないかもしれませんね。

個人的には、十分な速度とデータ容量、5分かけ放題というのが気に入ってます。「あっちのほうが◯円安い、このキャンペーンを使うと1年で◇円安くなる、データ量を△GBに抑えれば□円…」など面倒なことを考えてやりくりするよりもある程度余裕を持って「これなのに2,970円」のほうがスッキリして考えなくていいんです。

私のように「それなりに安くしたいけど細かいことを考えるのは面倒」という人にはahamoはとてもオススメです。

ahamo
公式サイトはこちら >

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧